どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS ブータンに行くにあたって(計画)

<<   作成日時 : 2016/06/14 22:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 2

ブータンは個人旅行ができない国と言ってよい。
必ず、専用のガイドと運転手が付くツアーを利用することになる。
ビザも利用する旅行会社が手配してくれる。

今回利用するツアーは、日本国籍を持つものは今年6月から8月にかけて、宿泊料金や航空券などが半額になるという特別オファーを利用したもの。これは、西岡さんという方がブータンのために尽力してくださった恩恵。ありがたや。
一人参加でも追加料金がかからない。日本語ガイド付き。

出発日により、見学地が変わるので、二日目の郵便局訪問をめざして、日曜発で予約。

予約してしまってから集める情報によって、段々と現地のことを深く知ることになるが、日本とかけ離れた生活空間であることを痛感する。私、大丈夫か?

中国の九寨溝・黄龍(標高3100m、途中の峠4200m)を旅しているから行けなくもなさそうだけど、首都ティンプーは取りあえず良しとして、他都市パロのホテルはなかなかの田舎。ググってみてもすご過ぎる。ちょっと何か欲しいから、近所のコンビニにでも行こうかなんて思っても、絶対に行けない僻地。隣のホテル以外、何もない。道と草むらと山しか見当たらないだろう。

行くにあたって、かなりの準備や健康面への配慮が必要。


必ず持っていくもの

@懐中電灯
Aソーラー充電器(USB2口)カラビナ付き・・・電力が不安定なため
B光学式デジタルカメラ、充電コード、カメラ予備バッテリー
Cスマホ、充電コード
D海外対応プラグB、B-1d、B-3、C
Dトイレットペーパー・・・トイレでは流さすごみ箱へ
E日焼け止め、メイク落としシート
F帽子、サングラス
G携帯用ダウンジャケット
Hレインウェア・・・雨季だから
Iウェットティッシュ
J頭痛薬(高山病対策)、胃腸薬
K予備の靴・・・雨季だから
Lペットボトルの水・・・軟水がいいから
M虫よけスプレー
N菓子
O軽量三脚・・・杖代わりになる


現地でしたいこと

@ハガキを出す
 ・宛名は英語で記入
 ・ハガキ1枚    20Nu (ヌルタム)・・・36円くらい
 ・封書(20gまで)  20Nu
Aオリジナルの切手シートを作る120Nu・・・216円くらい
 ・切手シートは、5ヌルタム×4枚、10ヌルタム×4枚、15ヌルタム×4枚
  の合計12枚


気を付けておくこと

@ビデオやデジカメなど高価な工業製品を持ち込む場合は、あらかじめ入国カードにその旨を記載。 そのため、入国カードの写しは帰国時まで保存しておく。
A施設見学をする時、黒っぽい靴が望ましい。
B野犬注意
Cヒル注意
Dタクツァン僧院では、荷物を外に置いていくことになるので、
  施錠ができるバックパックで。雨季だから防水がいいかな。


お土産を考える

・ブータン製布地
・ブータン製はちみつ
・マツタケの缶詰
・カプセ(菓子)・・・見た目が繊細な揚げ菓子・・・箱持参したほうがいいかな?

なんだか、こんなのばっかり買ったら重そう。
竹製品とか使わないからなあ。
仏具を買っても、日本と違うだろうし・・・。


両替を考える

ガイドブックには10,000円くらい両替すればいいと書いてあった。
食事時の飲み物代とお土産、賽銭以外は全てツアーに含まれる。
Nu(現地通貨ヌルタム)での支払いが主だが、
ドルが使えるらしいので持っていこうと思う。

本当に10,000円で足りるのか?
でも、そんなに買えそうにないお土産。
やはり、オリジナルの切手くらいかな?


今回の旅程


1日目

11:35 福岡空港発 ⇒ 14:55 バンコク着

■到着後==【 自由行動 】

 ホテルは個人で予約するほうが安いらしい。空港で過ごしても可。

 予定としては、空港内の時間利用できる休憩所を近くなったら予約する。



2日目

07:15にチェックイン。

09:15 バンコク発 ⇒ 12:35頃 パロ着 (DRUKAIRの場合)

■到着後==【 パロ ⇒ ティンプーへ専用車で移動(所要時間:約1時間30分) 】
 パロ空港到着後、ネームボードを持った現地ガイドが空港にいる。
 合流後、ガイドが専用車にて首都ティンプーへ。

……市内レストランにて昼食……

■午後==【 ティンプー市内観光 】
◎メモリアル・チョルテン
◎タシチョ・ゾン
◎郵便局

■夕方==【 民族衣装の試着体験 】
◎男性は「ゴ」、女性は「キラ」の試着

……夕食はブータン料理店のレストランにて名物料理……



3日目

■早朝==【 ティンプー ⇒ パロへ専用車で移動(所要時間:約1時間30分) 】
朝食後、現地ガイドがホテルまで迎えにくる。

■終日==【 パロの市内&周辺地域観光 】
◎パロ・ゾン/リトル・ブッダのロケ地として有名な場所
◎西岡京治氏の記念碑(チョルテン)
◎最古の寺院キチュラカン
◎国立博物館

……夕食はホテルにてブータン料理……



4日目

■プラン(1)==【 聖地タクツァン僧院への参拝登頂(所要時間:約6時間) 】
  ☆人気No.1☆
  ブータン観光のハイライト!
  体力を要するハイキング


■プラン(2)==【 チュレラ峠周辺の高山植物観察(所要時間:約5時間) 】
  チェレラ峠でハイキング。
   峠付近ではさまざまな高山植物を見ることができる。
  6〜7月には、幻の花とも言われるブータンの国花「ブルーポピー」に出会えるかも!

■プラン(3)==【 ブータン文化&ふれあい体験(所要時間:約5時間) 】
  民家に訪問し、現地の人々との触れ合いや文化を体験。
  昼食にはピクニックランチ。

  今回はプラン(1)を選択。
  果たして私は登れるのか・・・?


……夕食はホテルにてブータン料理……



5日目

■午前==【 帰国準備 】
フライトの時間に合わせて、現地ガイドがホテルまで迎えにくる。

■出発(1)==【 フライトスケジュール 】

13:35 パロ発 ⇒ 18:45 バンコク着 (ドゥルックエアの場合)



6日目

00:50頃 バンコク発 ⇒ 08:00頃 福岡空港着

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
宿泊料金や航空券が半額とはお値打ちですね。

ご準備も周到です。
軽量三脚が杖代わりになるとは意外でした。
また、「現地でしたこと」や「気をつけておくこと」をしっかり認識しておくことが大切なのですね。
私も今後の海外旅行の時は参考にさせていただきたいと思います。
どうぞお気を付けて行ってらっしゃい。
OZMA
2016/06/15 10:10
OZMAさんへ

はい、半額というのはかなり魅力的です。しかも、日本人のみで期間限定です。

準備に関しては、へき地ゆえに用意周到も今まで以上にしなければいけませんね。コンビにないですから。

880円の三脚は軽いし、伸ばせばカメラ付けたままで杖になるいい高さなんです。たまに、足の先っぽのゴムがコロコロ転がることもありますが、なくしたって880円です。大したことではありません。

出発まで1カ月以上はあるので、ブータンに関する書物を読んでイメトレします。旅行後は、報告をいたしますね。
現実逃避な旅人
2016/06/15 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブータンに行くにあたって(計画) どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる