どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016ブータンで幸せを感じた時12

<<   作成日時 : 2016/08/17 17:05   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

8月4日午前

画像


朝やっぱり早起き。朝食までだいぶある。お湯を沸かそう。1杯分の水を入れてポットで沸かしたが、歯磨きしている間に沸騰しすぎてお湯がかなり蒸発!残りが少ない!

小腹を満たすために、ティックから頂いたお菓子を食べた。美味しい。濃いめのコーヒーと一緒に。

朝ごはん8:00から。まずコーヒーね。ライス・ポリッシュ(お粥)が出てきたが、やけに白い。麦?ミルク入り?
目玉焼き、焼きトマト、ベーコン、トースト、スイカ、リンゴ、すもも?ジュースは要らない。
画像

画像


暇なので、ホテルの周囲をお散歩。
画像

画像

画像

ホテル敷地内に掛けられた橋
画像

コテージの横を抜けて、伝統的な風呂ドツォを発見!最近誰も使った形跡はない。
画像

画像

近くには川が流れている。
画像

ネジバナ発見。
画像

画像

画像

お天気良いなあ。雨季だけど、ピーカン!って、どういうこと?雨より良いけど。飛行機も飛び安いしね。
画像

画像

画像

画像

こういう野菜もダショー西岡のお陰だね。
画像


しかし、熱い、暑いよ。変な熱さを感じていた。デング熱?頭もやや痛い。空港で引っかかる?

ホテルの中の仏間。
画像

偉い方が座るイス。
画像


9:35ガイドたちが登場。一昨日のジュース代をドルで払いたいと言ったら、ガイドがドルを受け取って自分のヌルタムで払ってくれた。

「ティックに会いたいですか?」と聞かれたけれど、思いつきでティックに付き合わせたら申し訳ないので、うんとは言わなかった。後で考えたら、ガイドも会いたかったのかな?と思った。後日調べたのだが、ティックがいらっしゃるお寺はホテルから近かった。が、そこは山の上。

しかし、今ではティックに会いに行かなかったことを後悔している。
またブータンに行ったら、今回のガイドたちが連れていってくれるかしら?

定刻10:00ホテル出発。パロの朝市と町ぶらぶら。今日も猫に会えた。犬はそこいら中に・・・。
画像

画像

画像

画像

野菜市場は客もまばら。売ってある野菜は日本のものと比べると小さい。
画像

画像

画像

画像

画像

画像


市場を出てから、11:00までパロの市街をぶらぶら。この時、きれいだなと思った女性とすれ違ったので、「さっきの人きれいでしたよね?」と聞いたら、ガイドはうんと言わなかった。「心がきれいな人がいいです。」だって。パッと見だけで判断しないのね。「会ったばっかりでは、その人の中身まではわからない。」ようなことも言っていた。了解!
画像

「時間まで自由にどうぞ」と一人になって、勝手気ままに狭いパロの街中を散策。お店には入らなかった。裏通りなどを歩いて、ブータン人の生活を垣間見た。ブータンの伝統的な揚げ菓子「カプセ」がないか見て回ったがなかった。

このお面より大きいのを買ったんだね、旅人Iは。ほんと、持ち帰るの大変そう。でも、これを被って舞をしたら、お友達は大喜びだね。健闘を祈る。
画像

君、FUNNYだよ。
画像


ここでも、旅人Iとばったり。行きも帰りも飛行機が同じだったね、そうだった。ガイドに渡すチップのことを話した。チップの金額はなかなか難しいし、渡すタイミングがねぇ。お互いに日本からの土産も用意していたようだ。

ガイドとドライバーは私が散策している間、車の中でスマホをしていた。横を通ったのに気づかなかったみたい。そうしていると、日本の青年と変わらないね。

パロのメインストリート
画像

魔除け
画像

画像

アイスクリームが食べられるお店〜。しかし、ヌルタムは記念に取っておきたいし、ドルで払う?結局諦めた。※小売店で袋アイスバーは売っている。
画像

ここの2階で最後の晩餐だったね。
画像


車に戻って、車窓を眺めながら空港に向かった。パロ・ゾンのところで車窓から写真を撮ろうとしたら、「降りて撮りますか?」と一旦停めてくれたが、「大丈夫です。」と断って、車窓からパロ・ゾンを撮った。

さようなら、パロ・ゾン。
画像

パロの師範学校。小学校や中学校の先生がここで生まれるんだって。
画像

画像

画像


空港11:20着。チェックインまであと少し。ガイドとドライバーにチップと日本製品を渡し、ゾンカ語でお別れをした。あまり伝わらなかったみたい…。ドライバーはキョトンとしていた。ガイドは「○○さんとの出会いも何かの縁。前世からの・・・」と決め台詞で締めくくった。日本人のみんなが「Sさんはイケメンですよね。」って言ってたと伝えればよかったな。

空港入り口では、日本の旅人たちとも再会。チェックインの2時間前からしか建物内に入れない。手前にある郵便局は入れる。様子を見に行ったガイドが「もう入れる」というので中に入ることにした。

ガイドは今日も次の旅行者を迎えるということだった。休みなしなのね、お疲れ様。数日間お世話になりました、さようなら。家族との時間を大切にするというブータンだけど、高給取りのガイドはそういうわけにはいかないね。おじいちゃん(30歳)になる前にいい人見つけてね。

セキュリティの手前には郵便局には入らなかった。もうハガキは出したから寄る必要はなかったから。オリジナル切手は作れなさそうだった。(2日に出したハガキは17日時点で届いていない)

セキュリティで荷物全て機械に通し、チェックインカウンターに一番乗り!ガイドから「右側の席に座ったらヒマラヤが見える。」と教えられた右側窓席をゲット!荷物も福岡までスルー!キャビン用のタッグを渡され、手荷物に付けた。インドで一旦経由する時にバッグに付けておかなければならない。

カウンター左手に売店があったので覗くと、ブータンの伝統的なお菓子カプセがあった!!!!嬉〜!10個入り50ヌルタム、5個入り75ヌルタム。

クレジットカードでお買い上げ。手数料3.1%。UNITED AIRLINEのカード(このカード、以前もはねられた。ICチップがおかしくなっているのかな)が機械に跳ねられ、JALカードでOK。

カウンター前には、お酒のお店(免税店)とコーヒーの店があった。コーヒーの店にはヒマラヤのコーヒー豆が売ってあったが、ネパール製だったので止めた。ここで、スタバのようなコーヒーも飲める。座席も20席以上あった。
画像


パスポートコントロールでは、「税関申告書も書いて出せ」と言われ、手前の所でせっせと書いた。一度書いたものとほぼ同じ内容だったので、思いだして書いた。無事通過。

免税店ではお酒が買える。他の売店ではブータンの製品がみっちり並んでいた。私が買ったハーブティやはちみつ、乾燥松茸もあった。他にもブータン製品の店が2つ。街中では観光に時間を使って、お土産は空港内で、が一番だったかもしれない。
画像

画像

奥にはカフェテリア。
画像

白いケースにはアイスクリームが入っている。
画像

カフェテリアでエクレアとコーヒーを注文6ドル。旅人Tと半分にして食べた。やや固め。コーヒーは熱々。旅人Iも加わりおしゃべり。
画像

やや頭が痛いし、だるいしでバファリンも飲んだ。ここで高山病か?マラリアか?疲労か?
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私は朝に弱いので。。。散歩が素敵です
最近使われた形跡のないお風呂は土に埋もれるものですか

街の建物の装飾や魔除けも良い感じですね♪

旅も終わりに近づき、ちょっと寂しい
熱っぽいのも気にかかりますが。。。
また、続きは次回にします

ティックに会いに行かなかったのは残念でしたね
振り返ると後悔する事って多々あります
そして、また行きたいなぁ〜とか思ってしまう

現実逃避な旅人さんは沢山旅をされてるので、時間のあるときに過去記事も読ませていただきますね

シャガールの4つは読みました(笑)
ステンドグラスがシャガールやぁ〜って感動しました
あの浮遊してるような感じが良いです
色使いも綺麗で美しい
写真をびよ〜って伸ばして見ました

他の記事を読むのも楽しみやなぁ〜(笑)
とまる
2016/09/08 15:31
とまるさんへ

いつも旅行時は早起きなんです(寝れないんです)。でもって、10時出発は時間がありすぎて、ホテル周辺には何もなくて、散歩しかできませんでした(爆)

お風呂は使わなくって土に埋もれたのではなく、最初から埋めてあるんです。湯船に水を入れて、焼いた石を片隅に入れてお湯になります。女性でそんな風呂に入る人は余りいないかもですね。入っても水着?
ブータンの人は泳がないだろうと思うので、水着でも鼻血ものでしょうか?

結局、熱っぽいものは疲れだろうと思います。空気もやや薄いし、登山で心臓バクバクし過ぎだったし。いや〜情けない(;´Д`)

ティック、会いたかったですね。何度も人様のブログを閲覧してお顔を眺めていたものですから。拉薩にも活仏がいるみたいです。会えるかな?

シャガール見ましたか?フランスのメッスのシャガールは本当にいいです!他のものとは全然違います。そう言っていると、フランスに行きたくなるんですよね〜

ヘンテコなこともいっぱいしていますので、読みながら笑ってやってください。まぁ、全体的には貧乏暇なしな旅ですよ。超日本人的な旅ですねえ。リゾートはほとんどなし。見聞録です。

また、私もとまるさんのブログをこれからも読ませていただきますね。ご了承ください
現実逃避な旅人
2016/09/08 19:38
枕が代わると寝れへんのですね

お風呂は熱い石を入れるものなんですね
入ってみたい(笑)

相棒が食べたがらなくてパフェを食べれなかったんですよね(笑)
私は迷子になったりすると、お腹空いたぁ〜って思いました(笑)
でも。。。すぐお腹がいっぱいになって、思うようには食べれなくて悔しかったです

文章をまとめて書くのが苦手なんで挑戦中な日記ですが。。。暇潰しにでも読んでもらえると嬉しいです

フランスも今は危なそうなので、いつか落ち着いてくれたら行きたいです
その時が来たら是非シャガールのステンドグラスは見に行きたいと思います
とまる
2016/09/08 23:44
枕が変わらなくても寝れないんです(爆)「起きなきゃあ」と思うと意識しずぎて、何度も起きるんですよ(^^;)

いつも旅行に同伴した相棒(女性)は食に欲がないのです。だからどんどん草食化するので、食べさせるのが大変でした。ここ数回一人で行っているので、寂しいですね。でも、一人だから、パフェが食べられますよ(笑)

私も文章が得意な方ではないので、変なことを書いている時もあると思いますが、素人ということで許してください。旅の容貌さえ伝えられたらと思います。

フランス大好きなんですが、本当に行きづらくなりました。過激な人々に改めてほしいと思いますよ。人を大切に思うように。
現実逃避な旅人
2016/09/09 06:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016ブータンで幸せを感じた時12 どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる