どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016ブータンで幸せを感じた時5

<<   作成日時 : 2016/08/10 17:44   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

8月2日朝

朝、いつものように早起き。朝食は7:30から。
画像

「オムレツ?目玉焼き?」英語で聞かれ、目玉焼きと答えた。
画像

まず、オレンジジュース登場。コーヒーが続き、お粥が登場!このタイミング?なかなかお粥が熱くて進まない。
画像

やっとお粥を完食したときに、アメリカンブレックファースト登場!お粥の後ですか?!パンも?
画像

完食ならず。

部屋に戻って荷物をまとめ、散歩へ。
画像

ガイドがいないので、自由に歩く。犬多いなあ。
画像

画像

画像

画像

画像


手旗信号まできて撮影。
画像

画像

更に進んで折り返した。
画像

画像

画像

画像

なんか買ってる。
画像

24時間開いてるって!
画像

ノスタルジーを感じる。
画像

商店街の終わりに門がある。
画像

山の上に何か・・・、
画像

クェンセル・ポダン(ティンプー大仏)だった。
画像


8:35にはホテルに戻ってきた。

荷物をもってフロントに降りたら、ガイドが来ていた。昨夜の飲み物の支払いはお釣りがなくて負けてくれた。82ヌルタムになった。ホテルをチェックアウトして、パロへ。

ティンプーの外れでサッカーをしていた。
画像

この道は10年ほど前まで舗装されていなかった。
画像

画像

画像

画像

画像

ん?今、牛とすれ違った?
画像

画像


途中、前日気になっていた「岩の上にたくさんある小さい仏塔」のところで停めてもらって撮影。可愛い。
画像

動物に邪魔されないところに祈願されている仏塔。2種類あるそうだ。
画像

画像

画像

ゾウさん岩。
画像

画像

画像

画像


タチョガンの吊り橋まで戻ってきた。スマホでおしゃべりをしているガイド。ブータンでは、携帯電話が普及している。
画像

画像

橋の中にも仏塔がいっぱい。
画像

2階にも上がることができ、こんな装飾があった。
画像

画像

鉄鎖で出来た吊り橋渡りにも挑戦。怖いー。
画像

私の重さで壊れたらどうするの??
画像

画像

渡り切った先にはマニ車やお寺がある。
画像

周辺には珍しい植物があった。
画像

画像

帰りは隣に掛けられた丈夫そうな橋で戻る。
画像

まぁ、さっきの鎖の橋も丈夫だったんだけどね。
画像

ドライバーと。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お粥の後にアメリカンブレックファーストとはビックリですね
もしかすると旅人さんがいっぱい食べると思ったのでしょうかね?
犬が多いようですが、どこかの国もワン公がいっぱい居たけど、どこだったかなぁ?

どちらも行った事ありませんが、マニ車とかあってなんとなくチベットっぽい雰囲気なんですね

かなり多くの国を旅されている旅人さんだからブータンと言う選択肢もあったと推測しますが、ズバリ行く決め手はなんだったのでしょうか?
自分も行ってみたいとは思いますが、まだまだ身近な国で行ってない所が多いので、今現在は選択肢には入りそうにありません
なんせアメリカも行った事ないもんで・・・
ゆけむり
2016/08/16 15:39
ゆけむりさんへ

朝食の給仕順にはびっくりでした。ここ、首都ですから。たくさん食べられることが幸せと感じる国ですから、客へのもてなしも、いっぱい食べさせることなんでしょうね。

確かに、チベットと似ています。インドと中国の間ですから、大乗仏教の国としてマニ車やケマル(チベットではタルチョという)がいっぱい見られますよ。

ずばり、行く決め手は日本とブータンの外交関係樹立30周年企画として3か月間のブータン滞在費用半額!という日本国籍者特別オファーに乗っかってしまいました。他の期間を見ると10万円ほど安いようです。乗っかってよかったです。

あちこちで過激な動きがある中で、国に統制をされているブータンは一番安全なところ(幸せなところ)だと言えるでしょう。お勧めです。
現実逃避な旅人
2016/08/16 16:59
何でブータンに行こうと思いはったんやろうって私も思ってましたが。。。そのような、お得なことがあったんですね
それだけではないでしょうけど

本当に野犬が沢山いてますね(笑)
私は大きい子の方が好きです

朝から、すごいですね
お粥は要らないですね(笑)

のどかな風景に立派な家があって。。。なんか落ち着きますね
吊り橋は良い感じです
橋って好きです
布がカラフルですね♪
意味があるんでしょうか

小さな仏塔が可愛いですね
しかも、すごい数ですね

知らない国って面白いです
とまる
2016/08/21 05:21
とまるさんへ

そうなんです、お得な情報につい・・・心を動かされました。そして、今夏は長い日程が組めない夏だったことと、ヨーロッパの不穏な動きのせいです。

犬はどの子も大人しかったですよ。飼い主がいたらもっと良かったでしょうが。

はい、お粥は要らなかったです。ガイドにそのことを言えば、ホテルがもっと改善できたかもしれません。

自然に対する畏敬の念はあるようです。ルンタ(旗)の赤は火、青は水、緑は植物、黄は大地、白は空か風に対する祈りが込められています。中国のチベット(その場合、タルチョという)にもあるのですが、結構気にいってます。橋も神聖な場所みたいです。

小さい仏塔は病気などの祈願やみんなの幸せを祈って、動物にあらされない場所に置かれているということでした。

秘境って、新鮮ですね!
現実逃避な旅人
2016/08/21 11:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016ブータンで幸せを感じた時5 どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる