どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016Limited〜チベット天空への路2

<<   作成日時 : 2017/01/09 18:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


12月29日

5時半に起床し、荷物を持って1Fへ。

1Fには中国人がいっぱい。朝食を取ってから空港へと思っていたが、嫌な予感。

6時になると、中国人がわんさか朝食に群がった・・・。列ができてない・・・。呆気にとられている場合ではない。頑張れ!日本人!群れている中国人の中に突入

なんとか、朝食をゲットし、頂く。鶏肉がうまい。
画像


6:15ホテル発のシャトルバスで空港へ。

3Fの出発口カウンターに進み、カウンターが開くのを待った。6:30頃、「この人が添乗員?」と思わしき人物が登場。この男性がずばり!添乗員だった。イケメンだから、イケ村さんと命名しよう。電話の声も良かったが、本物もいい声だ。

6:40頃、イケ村さんにEチケットやらをもらい、説明を受けた。それから、中国東方航空にチェックイン。真ん中席になっていたが、通路側に変更してもらった。

セキュリティやイミグレを通過し、免税店へ。欲しかった化粧品を購入してゲートに移動。ピコ太郎のガシャポンを見つけ、やりたい気持ちを抑えた(爆)
画像


機体を撮影しながら搭乗を待つ。
画像


そこに、イケ村さんがやってきて、座席のチェックやら、この旅行会社を知っていたのか質問を受けた。その中で、お一人様は数名いるが、相部屋ではなく、一人部屋になったことを告げられた。

8:30MU292に搭乗。機内はほぼ満席だったが、私の隣には誰も来なかった。ラッキー!のんびりできる。しばらく、爆睡。
画像

画像


10:00頃、機内食が出された。チキンライスかオムライスということで、機内食の玉子が苦手な私はチキンライスにした。チキンライスは照り焼き、オムライスはカツとじだった。結構美味しかった。
画像

個人用テレビも映画もないので、日記を書いてトイレを済ませた。

11:30上海到着。バスに乗ってゲートに移動し、国内線への乗り継ぎの人はステッカーを張られ、カードをもらってしばし待機。それから、係員の人に連れられて広い空港の中をあっち行き〜、こっち行き〜歩かされた。途中、パスポートチェックやら、セキュリティやら、多すぎ。ボディチェックまで・・・。私、悪い人じゃないですよ。

やっとのことでゲートまで進み、またバスに乗って同じ飛行機に乗った。そう、同じ飛行機に・・・。
画像

画像

西安行きに変わったMU292は12:35に出発した。なんと!私の隣は開いたまま。ラッキ〜!

13:30頃、また機内食が!国内線なのに出るの???
ただ、選べるらしいが、中国語で分からない。「ミェン(麺)」だけ聞き取れたので、それにしたらエビトマトスパゲティだった。給食みたいだなあ。まぁ、味は食べやすいか。いや、食べにくい。先割れスプーンにパスタが引っかからない。四苦八苦しながら完食。もう片方は、茄子の炒め物。
画像

このピリ辛酢漬けはレンコンの茎??
画像

15:30西安到着。国際線の荷物なので、またまたやっかいなルートで荷物を受け取る。

ホテルは空港併設のリーガルエアポートホテル。荷物を預け、西安観光。

現地ガイドはホウさん。1万円を中国元に両替してもらった。5,000円=280元。現地ガイドはの頭にしよう。ちなみに、イケ村さんはの目元にしていこう。
画像


空港からバスで少し行ったところに、漢陽陵博物館があった。
画像

16:28入場で、ギリギリだった。
画像

画像

画像

入り口で靴にカバーを付けた。
画像

画像

漢時代に作られた兵馬俑だ。秦時代のものと比べてかなり小さい。遺跡の上を歩いていく。
画像

ガラス越しに遺跡が見えた。
画像

足元もガラス張り。
画像

人形だ。
画像

画像

画像

画像

これは雰囲気出てる。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

化石もあった。
画像

画像

篆刻もあった。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

犬、可愛いなあ。
画像

酉年になるから、鶏写しとこう。
画像

画像

画像

画像

画像

陵墓
画像

画像

画像

画像


バスに乗って、また空港へ向かった。

夕食は空港周辺のレストランで四川料理っぽい。
画像

料理を取り分けつつ、10人の旅人は少しずつ話せるようになっていった。
画像

3ペア、4シングルのちょうどいい人数。

食後はバスで空港に戻った。
画像

ホテルにチェックイン。部屋が贅沢〜。個人旅行では絶対泊まらないホテルだな。

明日は車中泊だから、ゴシゴシ洗っとこう。部屋からお風呂が見える〜と思っていたら、電動でブラインドが降りる。すご〜!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
イケメンの添乗員さんでしたか(笑)

飛行機は隣に人がいなくてラッキーでしたね
乗り換えで同じ飛行機に乗るなんて(笑)
初めてのパターンです

兵馬俑見たいなぁ〜(笑)
博物館面白いですね

ホテル。。。豪華なんですね
いいなぁ〜
そこは、ツアーの良いところですね
とまる
2017/01/10 03:13
とまるさんへ

2016はイケメンガイドの年ですよ((笑)

飛行機は初めてのパターンでしたね。中国って、他と違いますね。そして、隣の空席、ラッキーです。途中までずっと46番席でした(^^;)

ここはミニ兵馬俑。本格的な方も見たいですねえ。しかし、なかなか行く機会はないですね。いつも僻地の大物とドッキングしたついでの都会観光ですから。

ホテルは流石に個人では泊まらないタイプばかりでしたね。こればかりはツアーじゃないとね。ご飯がついてくるもツアーならではですね。考えなくていい。
現実逃避な旅人
2017/01/10 07:04
隣の席が空いているって,気楽でいいですね。中国の飛行機に乗ったことが無いのですが,料金にはそれなりの訳があるっていうことですね。
ミニの兵馬俑って初めて知りました。見て見たいです。っていうか,中国に行ったことが無いんですけれど。
ここはまだまだ空気がたっぷりありますね。
たろにゃん
2017/01/13 00:14
たろにゃんさんへ

西安は海抜470mほどですね。たっぷり酸素はありますが、たっぷりpm2.5が加えられてます

飛行機の席って、隣が空いているに越したことはないですよね。プライベート・ゾーンが広くなりますからね。
料金は良く分かりませんが、中国国内は広いので、乗っている時間も長いですよね。食べ物が出るのも納得させられました。

ミニ兵馬俑は可愛かったですね。でも、本物の?兵馬俑が見たいですね。なかなか中国は行きませんけど。
現実逃避な旅人
2017/01/13 00:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016Limited〜チベット天空への路2 どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる