どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016Limited〜チベット天空への路4

<<   作成日時 : 2017/01/11 22:32   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

12月30日午後

レストランを後にし、湟中にあるタール寺へ。

ここも、残雪があちらこちらに。
画像


お寺の横には、大きな病院や消防署があった。
画像


画像

入り口前で、サイさんと記念撮影笑顔が素敵〜
画像

画像

画像


タール寺は、チベット仏教ゲルク派六大寺院の一つで、ラサのセラ・ゴンパとも並ぶ。

入場門の装飾
画像

画像

画像

入場したら、やはり公安の車が。
画像

普逝八塔、仏の八大功徳を表している。
画像

写真で見た並んだ仏塔前で、狛犬のまねをして記念撮影。
画像

イケ村さんから手のポーズが違うとダメ出しをされながらポージング。
画像

よし!決まった

その横では、熱心なチベット仏教信者が五体投地中。すみません。
画像

護法殿
画像

画像

時輪大塔
画像

祈祷殿  高僧が母を思い、建てたところ。
画像

画像

画像

大吉哇
画像

画像

画像

夏利(シャーリー) 可愛い車だった。
画像

大経堂
画像

画像

大茶房
画像

画像

依怙殿
画像

弥勒佛殿
画像

画像

画像

画像

画像

九間殿
画像

マニ車 中に経典が入っていて、回すとお経を唱えたことになる。
画像

画像

ゲルク派の黄色い帽子を被ったお坊さんが写っていた。
画像


画像

画像


蔵経楼
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブータン旅行からグル・リンポチェ(パドマサンバヴァ)を気にいっている私としては、壁画が嬉しい。「これ、グル・リンポチェかな?」なんて探したりして。

酥油花館
画像

バター細工
画像

画像

バター細工はコンクールがあり、1位になった者の作品は1年間飾られる。だから、この作品は1位の作品。暑い日は融けちゃうので、温度管理が大事。

僧房
画像

画像

チベット犬
画像

ごめんね、食べ物持っていないんだよ〜。ポージングが可愛い。

マニ車
画像


タール寺には、パンチェン・ラマ10世やダライ・ラマ14世の候補者の写真が飾られていた。ダライ・ラマ13世が死ぬ前に言い残した条件に合うダライ・ラマ14世の候補者が3人いて、最終的に1人に絞られる。残った2人も高僧として活仏になるそうだ。そのうちの一人の写真だった。

ダライ・ラマ14世の写真を飾れないところが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
寒そうですね。
少しずつ高度に慣れるって言う旅のスケジュールの工夫になるほどって思いました。
スケールが大きいですね。それに隈なく極彩色の装飾。どれだけの人とそれを束ねる力があったのか・・・。
こちらの狛犬は行動的なのですね。日本の寺院の五重の塔とかにも屋根を支えたりしている力持ちの健気な小鬼のようなのがいますが,ルーツかな?
ここを見て回るだけでもかなりの時間が要りそう。ましてやガイドさん無しだったら(それは許されてないようだけど)迷子と言うか,いわゆる途方に暮れるでしょうね。五体投地と観光と共存するのは確かに申し訳ないような気持ちになりそうです。チベット犬も見た目,五体投地?バター細工もどうしてバターなの?ってびっくりです。
たろにゃん
2017/01/15 08:26
たろにゃんさんへ

そこまで寒くないですよ。タール寺ではダウンジャケットを脱いでいました。日差しが温かく、いい天気でした。

そうなんです、徐々に順応させるというのがプランの一つだったと思います。

狛犬と書いてしまいましたが、正確には獅子で、あちこちで見られます。チベット仏教では欠かせないんでしょうね。

ここは、ガイドなしでもいいんじゃないかな?西のほうは入境証が要りますが、ここは要りません。日本人ガイドは中国語を話さないので、委託された現地のガイドが全ての手続きを代行してくれるんです。

バターはろうそくの代わりにお寺の中で灯されています。それを考えると、蝋細工ならぬバター細工も有りなのではないでしょうか?こういうところは資源が限られますからね。

しかし、こんなにも立派に建てて凄いですよね。観光客がいなかったら、施設の維持管理は難しいかもしれません。お役に立ててるかな?
現実逃避な旅人
2017/01/15 15:02
天井や入り口の造形細工や壁画などすごいですね
とっても広そうやし。。。

ポーズをとっての写真は面白いです
ダメ出しの方もイケてると思いますけどね

バター細工もすごいんですけど。。。
どうやって作るんやろう?

ワンコは見たことない顔つきですね

マニ車も沢山りますね
ずら〜って並んでますね

もうちょっとで治りそうかなって思ってた風邪が、この寒い2日間でぶり返し気味です
日曜日は夕方まで寝込んでしまいました
大阪も雪が降りましたよ
珍しく積もったんですけど、溶けるのは早かったです
とまる
2017/01/16 02:23
とまるさんへ

宗教的な建物って、煌びやかですよね。ここもそうでした。敷地は広いですよ。全部は見られません。

なになに?ポーズいいですか?
イケ村さんもイケてますね!

バター細工はやはり暑くないところでするんでしょうね。もしくは撹拌をしっかりして生クリームのようにもっちりさせるとか。

中国のワン子ってこういうのがいますよね?チンかな?

マニ車もたくさんで回し切れません。修行が足りぬ。

私もこの時はほぼ治っていたんですよ。若干の咳が残っているだけ。思わぬことになりました。
現実逃避な旅人
2017/01/16 06:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016Limited〜チベット天空への路4 どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる