どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016Limited〜チベット天空への路6

<<   作成日時 : 2017/01/14 07:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

12月30日夜

スーパーでの買い物は30分くらい。再びバスに乗って、レストランへ。

夕食はここで、ハラル料理。ハラルとは、イスラム教の人のために肉などの食材が特別な処理(お祈り)をされること。イスラム教徒でない人にとっては意味のない処理である。
画像


レストランに入って、そうそうに爆笑!
画像

なにもそんなところで寝なくっても。まな板の上の包丁と相まって笑える。

気が抜けたスプライト〜。おごりですって〜。
画像


今夜のメニュー
画像

画像

ピリ辛ソースか、カレー粉を付ける
画像

画像

苦手なので、このぷよぷよには手を付けず
画像

画像

画像

画像

画像

甘いらしい
画像

画像

画像

なんか、食はイマイチ進まない。お腹いっぱいな気がする。

ここで、電車まで時間があるので、寝台車内の部屋決めや翌日(大晦日)のスケジュールの確認。みんな同じ車両になった。くじ引きでTさんと同じコンパートメントに決定。4人定員のため、ツアーの人ではない他のお客さんが二人同室になる。

初日に伝えられた拉薩からの飛行機が欠航のため早い便に代替えになった分、元旦の行程に翌日の観光地が付け加えられ、キュウキュウになっていた。それなら、元旦に予定している夜景観賞を大晦日にすればいいんじゃないと思っていた。カウントダウン代わりにもなるし。

まぁ、拉薩に着いたときに、みんながどんな感じになっているか次第か。
画像


レストランを出発し、西寧駅へ。
画像


・・・・行けなかった。


なんと、バスの車両10cm前のところに一般車両が駐車。後ろも同様。出られない。

時間はいっぱいあったが、焦る現地ガイド・サイさん、リーさん(青藏鉄道からガイドをする)、イケ村さん。なかなかこの車のドライバーが現れない。10分ほどして、やっと出庫。

画像

画像

画像

画像

西寧駅に到着。
画像


チケット、パスポートの確認から、セキュリティ通過。ボディチェック当たり前。
画像

サンタクロースのアニメで乗車までの注意がなされていた。
画像

画像

雪豹ちゃんと記念撮影。
画像

広いね〜。荷物もあるし、くたびれたので散策しなかった。歯磨きはしとこう。
画像

画像


イケ村さんが平常の時の血中酸素量を調べておきましょうといったので、簡易計測器で計測。この時の心拍数100前後、赤ちゃんか?血中酸素濃度90を切っていたと思う、酸欠じゃないか。マスクのせい?この地もやや標高あるからね。海抜2200mくらい。

ここで、駅舎入り口でケンカ勃発!うわ〜、口論やってるやってる。おじさん、何があったの?大勢から囲まれ、怒りながらもその場を離れていった。セキュリティで何か没収されたかな?

いよいよ!青藏鉄道に乗車だ!
画像

画像


左側の車両
画像


車両内はこんな感じ
画像

画像


車両反対側に和式のトイレもある。洋式トイレの横は乗務員室。
画像

トイレがよく汚されるらしく、自分の靴で行くと嫌だろうから、捨てられるサンダルを用意するように言われていた。今回は、下車までトイレはきれいだった。流石1等車。乗客のマナーが良かった。でも、サンダルは捨てて帰ったけどね。底の厚いホテルの使い捨てスリッパでも十分対応できると思った。

給湯器 お茶やカップ麺を作る。カップ麺には温いが、待ち時間を長くすれば食べられる。
画像

画像


コンパートメント内 〜軟臥〜 いわゆる1等寝台ね
画像


窓側
画像

画像


出口側
画像

画像

上段ベッドへのステップは一つ。
画像


テレビのスィッチ 故障かな?着かない。
画像


酸素配給穴、具合が悪くなったらチューブがもらえる。
画像

ま、私の小指サイズね。中の黒い部分をぎゅっと押すと酸素が出る。(本当は途中の駅から押さなくても出る)
画像


出発した!いよいよ、青藏鉄道の旅の始まり〜。
画像

画像

画像

画像

画像


同室になった人は日本人夫婦。奥さんが中国出身で、他の家族と同室になれなかったので、車掌さんと交渉し、他の家族と同室にしてもらうことができた。というわけで、この部屋を出ていき、Tさんと二人で使えるようになった。奥さんがチケットを持っているので、途中から別のお客さんが乗って来ることはないそうだ。

なんて、ラッキー! 

そこで、上の段がいいか、下の段がいいか、寝比べ。振動はやや上の方が少ない。しかし、上り下りの労力を考えると、下がマシ。だって、ステップが1つしかないから。高山病にでもなったら、これがしんどいよね。

ということで、下で寛ぐことに。

残念ながら、青海湖は夜のため見られない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
飛行機が欠航だとか,冷静ですね。なるようにしかならないというか,旅行社が何とかしてくれているってことですか。ハラルって言う言葉は知らなかったけれど,お祈りをして食べられるっていうのは聞いて知っていました。たくさんの料理ですね。ぼくは何でも食べますけれど,食べられない人には辛いことでしょうね。
飛行機でも隣が空いてて,ここでも空いてて,続く時には続くものなんですね。酸素が供給されるって,ちょっと命の危険を感じますね。すごいなあ。
たろにゃん
2017/01/17 22:50
たろにゃんさんへ

飛行機の欠航(キャンセル)は日本で知らされていたし、航空会社の都合の場合は旅行会社に連絡があって、代替えするということも想像がつくから、心配はしていませんでした。

それより、観光地が減ってしまうのではないかという心配が私たちの中にありました。実際は減らずに増えましたよ(*´з`)

ハラルは知っていました。知り合いの旦那さんはシリア人でしたので。

実は食べ物の好き嫌いが多いんです。でも、大人なので食べないとね

飛行機も電車もラッキーでしょ?運が良いんですよ〜。酸素はやはり!必要ですね!
現実逃避な旅人
2017/01/18 06:35
スーパーで30分じゃ、ゆっくりは見てられないですね(笑)

レストランは笑えました(笑)
ほんまに寝てはったんですか

料理は不思議
花巻みたいなのも色がついてるから味がついてるのかなぁ
ぷにょぷにょはダメなんですね(笑)

レストランを出てバスが出発できないのかと心配したけど10分ぐらい待ちでホッとしました
夜の街も都会な感じですね

駅のサンタさんのアニメ。。。頭がでっかいですね(笑)
寝台車は2人で使えてラッキーでしたね
飛行機の席といい、やっぱり強運を持ってると思いました

晩ごはんの後に娘が帰ってくるまで寝てしまったけど。。。
風邪のせいかなぁ〜眠いので寝ます
1ヶ月になるけど、まだ治りません(笑)

フェンボーハウスについて説明されてるブログ記事を見つけたので、追加でアップしました

では、お風呂入って寝ます
記事はちゃんと読みたいのでボチボチ読ませてもらいますね
とまる
2017/01/20 02:18
とまるさんへ

買い物時間、最初は要らないって思っていました。こういうスーパー立ち寄りは最終日前日でお願いしたいですね。荷物のこと考えちゃいますからね。

レストランの調理人、笑えるでしょう!なんでかな~(爆)

花巻(パン)はうっすら味がついていたと思いますがm記憶にないくらいうっすらです。香辛料だったかな~???

車が多すぎて駐車場がないんですよね、本当にハラハラ。そこんとこ、写真に収めそこないましたね!

青藏鉄道は是非乗ってほしいですね〜、あ、無理はしないように・・・風邪ひいている人が厳禁です。この時期じゃなかったら、アニメは誰が主人公何でしょうね?ドラえもん?とにかく近代的できれいな駅でした。セキュリティはアナログです・・・。

早く風邪を治してくださいね。再訪お待ちしています。後で、ブログも見させていただきます(^^)/
現実逃避な旅人
2017/01/20 06:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016Limited〜チベット天空への路6 どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる