どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017満州、遠い記憶をたどろう。(動機)

<<   作成日時 : 2017/05/07 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

久しぶりに中国(チベット)と言うところを旅をして、なんとなく要領を得たような、雰囲気をつかめたような、そんな気になっていた。


しかし、今度の旅の計画は、そんなことから始まったんじゃない。




私が中国チベットに旅立つ前、入院していた父を労うため、病院内の図書館から本を借りていた。限られた蔵書。きっと誰かが個人で買った本を寄贈したんだね。内容が偏ってる。特に多かったのが、世界のいろいろな場所を細かくシリーズ化した雑誌。

その中に、父が気を留めそうな雑誌があった。そこは中国。私が中国に行くということもあって目に留まったのだが、かつて父が暮らしていた満州が載ったものがあった。それを繁々と見ながら、懐かしがっていた。

「退院したら、瀋陽に行こう。」

私の口から、つい、その言葉が出た。

父は、そうだなぁといった感じだった。治療中の身で、痛みや長引く入院生活でやや朦朧としたところもあった父だった。


後期高齢の父を最後の海外旅行に連れていこうと決心した。


それとは別に、

結構前から叔父に「瀋陽に連れていってくれないか。」と言われていた。

叔父は、満州生まれ。そう、瀋陽(かつては奉天と呼ばれた)で生まれたのだ。
叔父は「自分が生まれたところを見たい。」と言った。

しかし、なかなか連れていくことはなかった。中国と言うところは、私にとって自由に歩ける場所ではなかったからだ。

しかし、今回の中国旅行で、なんか吹っ切れたものがある。


叔父を生まれ故郷に連れていこう。


帰国早々にパック旅行かツアーがないか調べて見た。すると、・・・

「あった!3月まで福岡からパックツアーがある!」

見つけてしまったのだ。

しかも!父が子供のころに遊んだ「瀋陽故宮博物院」のすぐ近くにホテルがあるツアーを。

ツアーといっても、空港とホテルの送迎係員がついている、2日間観光が自由にできる個人パックツアーだ。一人10万円以内は助かる。

母も連れて4人で行こう。

母を一度も海外旅行に連れていっていない。母のパスポートを作らねば。


忙しい日々の中なんとか、パスポート書類を手に入れ、必要事項を書きこみ、後は母の自筆のみとなった。

母がサインを書いた後に見てみると、絶句! 

ひど過ぎる・・・。

サインが徐々にアンダーライン下に落ちていっていた

仕方なく、それを提出。

1週間後、パスポートが届いたのを見てびっくり!
文字の位置が修正されていた。

文字の不細工さは修正されなかった。




しかし、私の仕事が見通し立たない。
しかも、瀋陽のお天気や気温が悪い。寒さは高齢者に負担だ。
総合的に考えて、3月中に行くことを断念せざるを得なかった。


それから、何度も航空券やホテルの値段を調べまくった。

 乗り継ぎが少ないこと
 あまり歩かなくて良いこと
 配慮をしてもらえる航空会社であること
 できれば、瀋陽の空港受付で日本語が通じること


条件に合うのは、全日空(直行便)だけだった。


ホテルは、3人もしくは4人が同じ部屋に泊まれるところを調べた。

 全員が一部屋に泊まれること
 24時間フロント
 日本語が通じるスタッフがいる


あいにく、大都会ではない。
3人や4人となると、二部屋に分かれてしまう。
「高齢者&海外旅行不慣れ」ということもあって、同室がベスト。
瀋陽故宮の近くのダブルツリーホテルが良かったが、検索していると、ベッド数が合わない。

仕方がなく、繁華街に近いアパートメントタイプのホテルに決定。

 ラージダブルベッドが2つに、部屋が2部屋続き
 朝食付き、キッチンもあり
 エキストラベッドも別料金で入れられる
 日本語も対応している
 4人で3泊して5万円弱。


中国にしては割高だが、日本でいけば激安?


3月中旬、父と一緒に叔父のところに行き、旅行のことを切りだした。昨年のスケジュールを確認して、GW中に特に予定が入らないだろうということで、同行を快諾。

その晩、航空券を購入。

なぜか、帰りの国際線は
ビジネスクラスの方(2席限定)がエコノミークラスより安かったので、
父と叔父の分はビジネスクラスにし、
母と自分の分は高いエコノミークラスにした。
変なの。

航空券を買ってしまうと、スケジュール作成が加速する。

タクシーや路線バスの利用、折り畳み車いすの検討、課題は残った。

とりあえず、高齢者ばかりということで、ゆるゆる日程。

なにせ、79歳、75歳、70歳を連れて歩くんだからね。

「合計224歳を連れていく奉天奉仕の旅」の始まりだ。




保険は成田空港でかけよう。

車いすは持って行ったほうがいいのか・・・。

3月26日ネットで軽量の車いす購入。重さ7.5kg

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
現実逃避な旅人様にはホントにいろんなタイプって言うか,動機と言うか,メンバーっていうか,空気って言うか・・・の旅がありますね。ゆるゆるだろうが何だろうが,率いるだけでもすごいっていうか,素晴らしいことだなって思います。ちっとも逃避してないって思うんですけど。また,拝見します。
たろにゃん
2017/05/07 02:22
たろにゃんさんへ

ええ、いろんな理由で出発しています。今回は、相当気を使いました。

しかしながら、つい母の常識を外れた言動に厳しい言葉を言ってしまうので、修行が足りん!と思ってしまいました。

何はともあれ、無事に帰宅したので、旅に出る前に書いておきながら、出せなかった記事を載せていきたいと思います。

へぇ〜くらいな軽い気持ちでご覧ください
現実逃避な旅人
2017/05/07 08:32
お父さんと2人で行かれるのかと思ってたので驚きました
お母さんと叔父さんも行かれたんですね

私も母を連れて何処かへ行くのは、あれこれ考えるのに70代とは言っても3人一緒にっていう気迫というか気合いに尊敬の眼差しです

今回の旅も勉強になりそうです
とまる
2017/05/08 10:00
とまるさんへ

いい加減、母も連れて行きたかったのです。血圧が高いから長距離のフライトは無理と思い、連れて行ったことはありませんでした。足も短いので、床に着かないだろうし(爆)
短距離線は無理がないし、連れていこうと決心しました。

叔父は10年以上前からそういう話があったのです。どうせなら、みんなで楽しく(*^-^*)ペースも一緒ですしね。

お役に立てられれば幸いです。
現実逃避な旅人
2017/05/08 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017満州、遠い記憶をたどろう。(動機) どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる