どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017満州時返、高齢者3人と車イス5

<<   作成日時 : 2017/05/13 19:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

5月4日午後


行き着いた場所には隆恩殿。
画像

画像

建物の下まで行き、振り返った。父の子供のころ、この彫刻のところを叔父@が汚れた足で登って、警備員に叱られたらしい。しかし、顔を見たら、隊長の子供だったので「すみません。」と謝られたとな。そこで、「こっちが、いけなかったので、すみません。」と幼い父が謝ると、「流石、隊長の子。」と驚かれたらしい。
画像

画像

内部
画像

画像

画像

もの凄く興味深いのが、建物前の階段のところにある対の獅子。こちらは雌獅子。
画像

なんと、子供がおっぱいを飲んでいるではないか!
画像

ちなみに雄獅子はこちら。
画像


左右に対で並ぶ建物にも入ってみた。
画像

画像

画像

画像

仏の掛け軸がずらり。
画像

画像

画像

画像

画像

こちらは、寝所?
画像

画像

父母を隆恩門の下に待たせて、城壁を叔父と二人上った。左の階段から。
画像

この獅子も子獅子がおっぱい飲んでる。
画像

左が西配殿、隆恩殿背後は明楼、右が東配殿。
画像

方城城墳馬道  
画像

叔父と二人で「西安の城壁に似てるね。」という話になった。叔父も西安に行ったことがあった。
画像

陵(古墳)を一周する形で回った。
画像

画像

画像

隆恩殿を囲むように方城城墳馬道があるが、その四隅には角楼がある。
画像

角楼の内部 工事中
画像


隆恩殿後ろの明楼
画像

明楼の中はこんな感じ。
画像

方城城墳馬道の奥に墳墓がある。

宝頂(墳墓)の周りの通路は凄い傾斜。
画像


売店を覗いて、お土産を買った。本二冊とキーホルダー。
画像


二人と合流して、行きづらい石畳を車イスは進む。
画像

画像


石畳が終わったところに、なんと!園内有料バスが!もちろん乗るね!
画像

画像

画像


券売所
画像

画像

馬を降りよと促す石柱。
画像

北陵公園を後にして、地下鉄でホテルに向かった。
画像

画像

画像

このカードでタッチして入り、出るときは挿入して回収される。
画像


乗り換えの時に、車イスの私たちに話しかけるペットボトル集めのおじさんが、あっちにエレベーターがあるとか、車イス用のゲートがあるとか、怒ったような表情で世話を焼いてくれた。

更には、ホテル近くの駅で出る前に、出口の案内を描いた看板を見そこなって、カメラのズームで遠くの地図を見ていたら、あのおじさんがまたまた登場し、今まで強面だったおじさんが笑いながら、あっちならエレベーターがあると教えてくれた。ほんと、ありがたい。良い人だ。人は見かけで判断してはいけない。
画像

ホテルに戻って、ほーっと一息。

ゆっくりしてから、近くのレストランを探した。

見つからない。やっと見つけた店は、セルフサービスのフードコートで、単品で牛肉麺を頼んだ。お金の払方がややこしい。料金分を先にレジで払い料金を登録されたカードを持っていき、料理を注文してシェフの前の機械にタッチする。カードはレジに返す。

シェフは注文を受けてから麺を打つ。
画像

画像

二人分もあろうかという量の麺。
画像

牛肉麺の味はまあまあだが、完食ならず。父はビールを飲みたがったが、面倒なので、ビールはないということに。

瀋陽駅の近くをホテルへと歩いていった。

この日はシャワーを浴びて、早めの就寝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ここも思い出の場所なんですね
こんなところで遊んでいたんですか
凄いですね

雌の獅子像。。。子獅子がおっぱい飲んでますね
こんなの初めて見ました
私は屋根の上の厄よけ(?)魔よけ(?)が好きです
城壁も良い感じです
有料バスもあったんですね

券売機は苦手です(笑)
親切なおじさんがいて良かったですね
やっぱり、どこでも親切な人はいてるんやなぁ〜って嬉しくなります
日頃の行いかなぁ〜
とまる
2017/05/14 01:59
とまるさんへ

叔父@と一緒によく遊びに行っていたらしいんです。ここは歩いて行けそうなところですが、鉄道も顔パスで乗っていたらしいですよ。

おっぱい飲んでる獅子は地元でも珍しいみたいで、販売されているガイドブックにも乗っていました。

有料バスの最後尾で車いすを持って乗っています。楽ちんでした(*^-^*)車いすの日本人が北陵に行ったという情報が流れたのでしょうか?(笑)出迎えたようにバスがいましたよ。

この券売機は結構分かりやすいですよ。
中国人に対する日本人の持つイメージは、全ての人に当てはまらないってことですよね。イメージが外れてて良かったです。
特にこのおじさんは積極的に話しかけてくれましたよ。
現実逃避な旅人
2017/05/14 06:57
見るからに広い〜!!って感じで,歩くのだけでも大変そう。車いすならなおさら。でも,このために来ているのですものね。「さすが隊長の・・・」の話はここに来てこそ聞けたんですものね。
狛犬じゃなくて,獅子なんですね。ほんとに珍しいっていうか,怖い顔なのに愛情たっぷりって感じです。
屋根の針金・・・台湾でもよく見かけましたが,自分なりに答えを見つけました。鳩とかが止まって,壊したり,糞で汚したりしにくいようにしてあるのでしょうかね。
たろにゃん
2017/05/14 08:43
たろにゃんさんへ

そうなんです、ここが広いから歩けないだろうなぁって思って車いすを買いました。園内バスがあるのも知っていましたが、進む速さって大事ですよね。父が知っている公演はこんなに木がなかったそうです。70年もの間に大きな木になっていったのでしょう。

今回は叔父@のてんやわんや劇を聞かされました。そして、この周辺が荒野だったことも。すっかり都会になってましたね。

同行した叔父Aの中国に住んでいる娘が早く行かないと中国政府の計画で都市化してしまうと言われていたようで酢。すっかり、計画通りになっていました。

ここの獅子は良いですよね。和みました〜。中華だけど。

屋根の上の針がねは電流でも流れているんでしょうか?「ふ〜ん。」としか見ていませんでした。
現実逃避な旅人
2017/05/14 11:18
私は上海に中国人の知人がいます
彼女は、とっても良い人なので、中国人=○○○とは思っていません
どこの国にも良い人も悪い人もいてると思ってます
出会える人が良い人だと嬉しいですね

ボランティアで行ってる学校には中国人の人が3人います
現在、授業に入って関わってる人は一人ですが。。。日本語を勉強中なので、どう接していくか模索中です
スマホのアプリ使ってもらったり、簡単な英語でコミュニケーション取ったりしてますが。。。英語はお互いにぼちぼちなんで、私英語で彼は、たどたどしい日本語で返事してくれたりしてます(笑)
いつもお礼を言ってくれる礼儀正しい子です
とまる
2017/05/14 14:59
とまるさんへ

文化の違いや話し方の違いで、やや構えてしまいことがありますね。いざ話してみると、な〜んだって

日本人だって、そういう風に言わなくても・・・なんて人もいますね。

旅先での思い出は、人との関わりでかなり左右されますが、今回は良い思い出となりました。

叔父さんの娘とは久しく会っていません。よほど中国があっているのでしょう。
現実逃避な旅人
2017/05/14 15:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017満州時返、高齢者3人と車イス5 どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる