どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017シドニー・ウルルん?滞在記3-1

<<   作成日時 : 2017/08/07 00:41   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

7月24日

6:25ホテルロビー集合。

昨夜気になっていたディナーの予約のことをフロントの人に聞いてみた。ツアーから戻って来るまでに確認しておくと言ってくれた。頼むよ。

ホリディ主催「ウルル・サンライズ麓めぐりと登山」に出発。

ガイドから国立公園のチケット25ドルを購入。

国立公園入口ではバスの窓から全員がそれを見せて通過。
ウルル周辺でも抜き打ち検査があるらしく、常に持っていないと新たにチケットを買わされるらしい。

展望台手前で用意されたクッキーやミロなどの飲み物を頂く。
画像

他のツアーと勘違いしていて朝食があるものと思っていたが、なかったので、呼びに持参したチョコマフィンを食べた。
画像

みんなはツアーから貸し出された椅子に座って飲んでいた。
画像

そこから歩いて展望台へ。
画像

画像

画像

遠くにカタジュタも見えた。
画像

画像

日の出は7:28
画像

画像

画像

画像

太陽の光はウルルに届いた。
画像

画像

画像

Nikon COOLPIX S9500 の光学式22倍ズーム
画像

画像

画像

カタジュタはこうだ。
画像

画像

画像

画像



ウルルの麓に着くと、既に登山していた。いよいよ、登山だ。
画像

画像

画像

実際にこの部分を見て止める人もいた。子供はもちろん無理だ。
画像

岩肌はこんな感じ。ざらざらしていて硬い。
画像

覚悟を決めた。
画像

下を見るとこんな感じ。
画像

急な坂にびびるも登る。しかし!メチャメチャ強風!いや、豪風だ!
画像

横を見ると傾斜はそこまでないが・・・。
画像

一旦、鎖から手を離して腰を下ろした。下を見る。
画像

よし、行くぞ!
画像

画像

豪風に抗いながら登る。体感する傾斜は物凄い。
画像

途中何度も息が上がって止まるので、近くの人が心配して声をかけてくれた。立ち止まった時に、首からかけた一眼レフで写真を撮った。
画像

登山をするものには、何かしら運命共同体のような一体感があった。気を抜いたらそのまま転げ落ちて死ぬ、下にいるものにも体当たりをすることになるだろう。

腕力には自信があったが、おデブな自分を腕の力で引き上げるのは大変。

加えて、豪風でワンレンボブの私の髪が顔に叩きつけられ痛いし、視界不良。髪をかき上げようと手を離したら、一貫のおしまい。
画像

しかし、凄い豪風と傾斜(;゚Д゚)
画像

画像

降りるときは時計回りで。こうしてみると、凄いな。
はるか彼方にカタジュタが見える。
画像

なかなか影がカッコいい!
画像

脂肪だらけの太ももの筋肉も悲鳴を上げていた。鎖を掴む手が常に緊張状態。
画像

画像

頑張れ私!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
マフィン持ってて良かったですね
クッキーとミロだけじゃ足りへんよね

ウルルが綺麗、カッコいい
登山は大変そう
息はあがるやろうなぁ〜
でも、目の前にウルルがあれば絶対に登りたいよねぇ
頑張れ〜 
とまる
2017/08/07 05:13
砂の色が赤いんですね。朝日も刻々と周りの色を変化させていますね。
ウルルは一気にまっすぐ登るのですね。きつそうです。その上ひどい風なんですね。風を遮るものが何もないんですものね。大和なでしこ,ここであきらめるわけにはいきませんものね。長い脚,かっこいいぜ!
たろにゃん
2017/08/07 07:34
とまるさんへ

こういうときは、やっぱり非常食持参ですよね。
非常事態でした〜
クッキー山ほど食べればいいんでしょうけど、
「見て!あの人凄い!?」って言われるかもしれないし(爆)

登山は大変でした。人生の中で一番の命懸けの登山でした。
軽い気持ちで行ったらイケマセン
まずは筋トレから。
そして、こんな天候では登らない・・・です!
現実逃避な旅人
2017/08/07 09:30
たろにゃんさんへ

砂は赤茶けているので、その色で汚れます。
服や靴もホテルで洗いました。洗ったら落ちます。
靴は替えの靴があったほうがいいですね。

登山は鎖頼りなので、途中でつかまったまま止まっていると後続者の邪魔になります。比較的座れる場所があったら、鎖から手を離して道を譲ることができます。だから、スピードも考えなければなりません。

手袋はイボイボの滑り止めが付いているもの、支柱に足を絡ませて撮影とか、考えることいっぱいです。

大和撫子・・・そう言われるとかっこいいですね
実際には、タイムボカーン(アニメ)の終わりに出てくる「豚もおだてりゃ木に登る」の豚のようですよ・・・。
現実逃避な旅人
2017/08/07 09:40
オーストラリアへは2度訪れたことがあるのですが、ウルルへは行ったことがありません。
次回はぜひ訪れてみたいと思っています。
しかし、写真を拝見すると、高所恐怖症の私にはウルルへ登るのはちょいと無理なようです><;
OZMA
2017/08/10 11:21
OZMAさんへ

私も2回目でした。ウルルに行けることはないかな〜なんて考えていたのですが、行けてよかったです。

ウルルの登山ゲートは夏場はよく閉まっているそうです。高温や強風、雨前後は駄目みたいですよ。この時期に入って正解でした。ハエもいないしね。

登るのは少しできるのではないでしょうか?心の頂上は自分次第です。ウルルの一端に乗っかってみてもいいかもしれません
現実逃避な旅人
2017/08/10 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017シドニー・ウルルん?滞在記3-1 どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる