どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017シドニー・ウルルん?滞在記3-2

<<   作成日時 : 2017/08/07 20:17   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

7月24日昼


死闘の上、鎖の終わりにたどり着いた。
画像

そこには、同じように戦い続けた同志が暫しの休息と満面の笑みに満ちた表情で撮影を行っていた。
画像

画像

画像

いかすヘァスタイル。
画像

画像

カタジュタと一緒に。
画像

画像

最後の鎖は2つだけ。それ以上はない。
画像

余りの豪風に全員がそこを「心の頂上」として、下山することにした。標高680m地点くらいか。


あとは鎖がなくても登れるということだろうが、命が大事。
みんな、頼れる鎖もないのでドラム缶のあるウルルの中心までは行かないことにした。

さて、目的を果たして気が弛みやすい下山だか、豪風は続く。
画像

そして、往路にはなかった下をみる恐怖が襲いかかかってくる。
画像

私は持っていた輪ゴムで髪を結んだ。
画像

画像

画像

豪風で押されるので、反対側を降りる人。頑張れ!
画像

画像

画像


青年の一人は「登りは良かったが、下りは怖い」と、尻を擦りながら下った。この時はやっと立てていた。
画像

私はその後ろを尻をつかずに下向きで降りた。
画像

下りながら、ウルルにかかる自分の影を撮った。

途中、青年が「先に行って」と言うが、先に行くには鎖から一旦手を離さなければならない。鎖の左側を行っているものだから、右からの豪風に体を持っていかれる。危険だ。

なんとか、鎖の柱にしがみついてもらい、先の鎖に手を伸ばして掴むことができた。
画像


なぜか、私は下りが速い。下向きでドンドン下れる。そうか、スキーの経験があるから、この体勢に違和感がない。

相棒はウォーキングから戻ってきたかしら?
画像

救助用品
画像

画像

なぜ、こんな豪風の日にゲートを開けていたんだろう?
画像

画像

画像

短時間で降りることができ、10時発のバスに乗れた。相棒も麓ウォーキングを終えて合流。

間違って隣のバスの飲み物をもらった。同じ会社だから良いっか。
画像

登山証明書。相棒ももらった。
画像



そこからエアーズロックをぐるりと回り、クニヤウォークへ。
画像

セグウェイのレンタルもある。
画像

この先にアナング族の壁画がある。
画像

この壁画はいわゆる黒板のようなもので、子供に生きる術を教えている。書いたものの上に更に書き、幾層にもなっている。
画像

画像

画像

画像

アナング族の物語に出てくる岩々。
画像

画像

植物たち
画像

画像

画像

画像

突き当り。
画像

❤型の岩も。
画像

画像

再びバスに乗って、リゾートへ。お疲れ様。
画像

緊張から解かれた足がプルプルと小刻みに震え、痛み出した。

この後、三日間筋肉痛だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
よかったぁ。
ほんと,YOU DID IT!ですね。
気持ちよかったでしょうね。
鎖がぼくにはデフォルメしたみたいに見えます。
信頼というか,強さというか,
感謝というか・・・鎖への思いがこもってるなって思いました。
輪ゴムで束ねるっていうのがまたナデシコです。
10日からちょっと海外へ。ブログ記事はその旅行と関係なく自動的にupしています。
たろにゃん
2017/08/07 21:40
たろにゃんさんへ

今、グーグルで見たら、もっと先へ行けばよかったって思います(欲望)。

鎖は丈夫でしたねえ。できれば、もっと腰高な位置にしてくれると降りやすいんですが。(贅沢)。

髪が本当に邪魔でした。この強風でストレートヘァが絡まる絡まる〜ブチブチさせて解きましたよ。最初から束ねておけばよかったのにねえ。でも、如何に風が凄かったか伝わりましたよね。

おお!またもや海外!?良いな〜。
私の2回目は行楽ではありませんでしたよ。
現実逃避な旅人
2017/08/07 22:25
大感動です 
本当に大変やったんですね

降りるときが怖いんですか
スキーのように前屈みになるの?
スキーはやったことないので、よく解らないけど鎖の位置が低いんですね

3日間筋肉痛でしたか
お疲れさまでした
でも。。。ウルル登頂やり遂げましたねぇ〜 

壁画良いですね
こういうの好きです
ウルルの地図も見たけど凄い所ですね
とまる
2017/08/08 00:07
とまるさんへ

やりました! I did it !

降りるときが怖いらしいです、が、私は登りに見えた斜面が絶壁みたいで怖かったです。
スキーは中級コースくらいいけるので、なんとなく景色が似ていました。でも、気の緩みが危ないので気を抜けません。

当日から筋肉痛だったので、若い❕と言いたかったのですが、長引き過ぎましたね(^^;)
今は気が弛んでやや太りました(;・∀・)

ウルルは意外と想像以上のところですよ。
現実逃避な旅人
2017/08/08 07:08
ダイエットはウルル登頂のためやったん?

私は太ったり戻ったりの繰返しです(爆)
ちょっとまともに食べてたら5キロぐらいアレ?っていう間に太ってしまう(悲)
結局お腹は10日間壊しててんけど。。。3キロ減やったので、まだ元に戻ってません(栄養分が蓄えられてるから普通に仕事も家事も出来たし ^^:)
鏡を見るとムーミンママに見える
毎日サウナに入ってるみたいに汗だくなんやけど、汗かいても全然痩せへんし(笑)
ダイエットは果てしなく続くのです

ウルル行けたらいいなぁ〜
とまる
2017/08/08 09:35
とまるさんへ

はい!登山のためです、半分は。
拉薩での反省を下に負荷を減らしておかないと(爆)

今のところ、急激に戻ったわけではないので、徐々に減らしていきます・・・食べるのを

体型は・・・見たまんまです(*´з`)

ウルルも行ってください〜。
現実逃避な旅人
2017/08/08 17:46
苦労して頂上にたどり着いた時の感動は、ひとしおだったでしょうね。
下りは、下が見えるのでさらに恐怖ですね。
やっぱり私は、ウルルを下から眺めるだけにしておきます^^;
セグウェイで散策するのもいいですねぇ^^
OZMA
2017/08/10 11:28
OZMAさんへ

ここでも、「何で痩せてから来なかった!」という反省の念が自分を責めました(爆)。

下りは、ま〜、絶景でしたでも、難なくクリアー!

セグウェイも乗ってみたかったですね。ここは何でも高いので二の足を踏みます。
現実逃避な旅人
2017/08/10 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017シドニー・ウルルん?滞在記3-2 どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる