どこに行っても-空気はある

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017渦中の仏・西行く勇気(仏食)

<<   作成日時 : 2017/11/18 12:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


フランス・オクシタニー地域圏周辺を調べていたら、
カスレ」という伝統食に行き着いた。

カスレ」は白インゲン豆と肉やソーセージを土鍋で煮込んだ郷土料理。

また、フォアグラトリュフといった世界三大珍味が有名であると知った。


「食べなければ、何も語れない。」


ムクムクと私の中の食欲魔人が騒ぎ始めた。


「どこで食べたらいい?」



ガイドブックに載っているままじゃ、誰かの参考にはならないな。

なんか、ここぞというところはないのか???

食通でもないのに、躍起になりだした。

見るところを調べ切っちゃって、暇なのかもしれない(爆)。



とりあえず、

トゥールーズでは、ここ。カスレもある。
Le Genty Magre


   前菜

・カッショールとペストナイフ 18euro
・レモンタラのカルパッチョ 18euro
・味付けしたアヒルのフォアグラ、甘やかされたバターナッツ 22euro
・アニス、ベルベットセロリが付いたエスカルゴ 20euro
・ウサギのテリーヌ、ハーブ 16euro

   主菜

・2つのぬいぐるみ、ポルチーニ・マッシュルームのフリカシー 28euro
・美しいロイヤルブリーム(要請に応じてスレッド) 28euro
・ローストされた子羊の肩、セージとチャードのファビュラス 26euro
・Tournedos Rossini、ジャガイモRatteとベーコンの良さ 28euro
・トマトと豚肉の脚を庭園のトマトと考えて 22euro
・本物のカスレ、コンフィとダブルソーセージ 26euro

   デザート8euro

・ワッフル、シャンティリー、バニラアイスクリーム
・ブドウの桃のガスパチョ、イビスカスのカラメルおよび卵白を混ぜた
・栗とティラミスのように
・シナモン、ライムシャーベットのタチェンイチジク
・柚子シャーベットウォッカエマルジョン
・パリのブレストはクランチのプラリネである



久しぶりに本場のフレンチを食べるから、エスカルゴも食べたいな。

そして、ここ、「地球の歩き方」にも載っていた。カスレが名物。
Le Colombier


23euro日中のメニュー*(昼食、夕食、デザート)*正午にのみ使用

19euroライトメニュー*(メイン+前菜またはデザート)*正午のみに提供

27.50euroメニュー(前菜、メイン、デザート)地域メニュー

32.00euro(カスレ・サラダ、デザート)

39euroフォアグラとカスレ付メニュー(前菜、メイン、デザート)

・マンゴーのゼリーでのフォアグラのダコアーズ 20euro
・コロンビアの本物のカスレ、グースのコンフェッションへ 25euro
・Morelsの子牛の里 26euro
・Provençaleのホタテガイ 25euro
・Pistouと一緒に焼いた鯛 24euro
・チョコレートフォンダンを流す心臓 12.50euro



アルビでは、ここ。カスレもある。
Viguiere


シェフのオファー

   前菜

・ミルウィル・フェイユ・ハーブ "Roquefort sauce" 12.60euro
・Viguièreサラダ「フォアグラ、砂糖漬け、アヒルの胸身のマリネ」 13.20euro
・塩花風味の半生フォアグラ 14.60euro

   主菜

・旬の魚
・盛り合わせステーキ "ソースミゴネット" 17.60euro
・最高の子アヒル"シイタケソース" 16.60euro

   デザート

・フルーツのヌーガット 6.80euro
・カラメルパイナップルはラム盛り 5.80euro
・チーズプレート 8euro

私たちのスペシャリスト

・Tarbes豆のシェフのカスレ 19euro
・サフラン "àl'albigeoise"での実際のトリプ 20euro

トゥールーズロートレックメニュー 
   前菜+メイン+デザート 19euro

  ブラックマウンテンサラダ
    or
  クリスピーヤギチーズとカントリーハム

  カイン大腿「スパイスマスタードソース」
    or
  魚のモスリンのホークのフィレ
    or
  アヒルのアンドイルレット "スパイスのマスタードソース"

  アップルファンティンティン
    or
  チョコレートケーキの梨

Menu Jean Jaures
   前菜+メイン+デザート 25euro

  エスカルゴパフ「Roquefort sauce」
    or
  タルネーズサラダ

  ピートフィレット "ココナッツカレー"
    or
  盛り合わせステーキ

  赤い果実のクーリスとアイスヌガー
    or
  季節の果物を使ったファイン・タルト



カルカッソンヌでは、ここ。カルカッソンヌのカスレは食べなければ。
Le Trivalou


  メニュー

16euroメニュー(前菜とメイン、または、メインとデザート)

22euroメニュー(前菜、メイン、デザート)

  前菜

・綴られたスープとトマト
・乾燥したアヒルの胸肉を使ったメスクラムサラダ 
  「自家製」チェリートマトとフレンチビーンズ
・きのこフリッカスとモナリザポテト
・小さなグレーのエスカルゴとパセリとカリフラワー 追加料金3euro
・アヒルのフォアグラテリーヌ、トーストブレッド 追加料金5euro


  メイン

・ニンニクのローストチキンブレッドクローブ、パセリクリーム
・米と野菜のマッケレル、スモークベーコンソース
・カスレ(肩、ソーセージ、豚の皮、白豆)
・カスレとアヒルの脚が甘く(肩、豚の皮、白豆) 追加料金5euro
・自家製の鴨の枝** 22euroメニューのみ
・"au sautoir"(300 g)を調理したリブステーキ 追加料金5euro

  デザート

・シナモンとパスタイスを味付けしたクレムカタラン
・チョコレートとミルクチョコレートフォンダン
・白パンプディングフランス風ピスタチオクリーム
・"Le ColombieràFontiers-Cabardès"からのヤギチーズ
   * 22euroメニューのみ
・バニラ、チョコレート、コーヒー、ストロベリーアイスクリーム(3球)
・ココナッツ、ラズベリー、グリーンライムシャーベット(3球)



凄いweb翻訳もあるけど、大体感じはつかめたかな?


ルルドでは、ル・マグレという昭文社のガイドブックに載っているレストランを候補に選んだ。カモやフォアグラ料理が得意らしい。盛り付けも美しい。

ただ、ここのHPは全然違う日本語のサイトに飛んじゃうので見られない。残念。



最近、ちょっと食べ過ぎると消化できずにずっと胃袋に停滞している。
こんなボリューム満点のカスレを食べ比べられるのか、自信がない

しかし、目標は達成したい。気持ちと体の相違に老化を感じる・・・。


また、すぐに飽きちゃって、調べたことが無駄になることも懸念される。
量も多そうだし、タッパーをもっていく?(爆)



ちなみに、アンドラでもバルセロナでも晩餐の予定を立てている
どんだけ気持ちが勇んでいるのか、あきれるばかりである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい意気込みというか,食欲旺盛というか,これでもかというくらいに調べまくっておくのですね。
https://www.lourdes-infotourisme.com/web/FR/62-restauration.php?item=RESMID065FS0001O&page=2&CATEGORIE=&SPECIALITES=RES:RLFRA&LABEL_HANDI=
観光案内所のサイトのレストランリストで調べたけれどホームページはないみたいですね。素敵な町みたいですね。
たろにゃん
2017/11/18 15:49
たろにゃんさんへ

根っからの食欲旺盛なんですけど、今や、体はそうでもないようです(^^;)

調べまくっても、お店が閉まっていたり、入れなかったりでどうなることやら。全部行けたら拍手喝采ですね

ルルドのHPは私も見ましたが、グーグルで見た感じは、入り口の小さなお店でした。聖域のある宗教味あふれる街ですよね。行きたいです(´ω`*)ちなみに、キリスト教ではありません(爆)
現実逃避な旅人
2017/11/18 16:44
メニューの翻訳が面白い(笑)
雰囲気はわかるものもあるけど。。。何ですかこれ?ってものも(笑)

すっごい意気込みを感じます
旅行記が楽しみです

私は、食は。。。頑張らないと。。。
あっ、日本では食べてる
やっぱり大量に出てくると引いちゃうのかな

私はタッパは持っていこうと思う(笑)
そしたら残ったら持って帰ればいいやって思って挑戦できるようになるかも?って思う(笑)
とまる
2017/11/19 01:14
とまるさんへ

面白いメニューがあるでしょ?(#^.^#)
他にもあったんですけど、できる分は修正しました。
なんじゃこりゃあ?ってのは残しました(爆)

ここまで意気込んでいますが、予約なしで入れるかどうかが微妙な店もあるので、半分行けたらラッキーです!

タッパですね、持っていっても、持ち帰った分を食べるかどうかが微妙なんです。部屋か共有スペースに電子レンジがあるといいんですが。

最終日だったら、持ち帰ったかもしれませんね!
スーツケース内でこぼれていると嫌だけど
現実逃避な旅人
2017/11/19 19:19
私は一度に沢山は食べられへんけど。。。時間がたつと食べれたりするので。。。次回にドイツへ行けたら、もう少し料理にも挑戦したい
ミートボールのホワイトソースのやつ(名前忘れた)とかザウアーブラーテンとか他もやけど食べてへんしねぇ

でも。。。デパ地下じゃないけど、デパートのお惣菜も食べてみたい(笑)
食べれるかなぁ〜(笑)

また、ケーキやアイスやサンドイッチやスープかもしれへん(爆)
めっちゃ量が多いやん
ハーフサイズや1/3があったらいいのになぁ〜
とまる
2017/11/20 01:36
とまるさんへ

やはり、私も最近量がいけなくなってきました。昨夜もスナック菓子を久しぶりに食べて胃に来ました・・・。情けない。

ドイツだったと思うけど・・・ICEの中で食べたネギのシチュー美味しかったな〜。お勧めです(*´з`)
酢キャベツは嫌いです。
お惣菜は量り売りだから良いですよね。買ったことあります。

スペインだったら、半分の量で食べられるのにねえ。逆にポルトガルだったら、1人前が日本人の3人前(爆)。

ああ、食べたい
現実逃避な旅人
2017/11/20 09:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017渦中の仏・西行く勇気(仏食) どこに行っても-空気はある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる