2014アンダルシアの真夏日1

8月11日

画像


5:00過ぎに起床し、荷物をまとめ、愛猫たちの世話をしてもらうための置手紙を乱筆にてしたため、愛猫の顔を触りまくって車で家を出た。

6:00過ぎ、姉の家に着くと、姉の車に乗り換え、福岡空港へ。バタバタでハンカチを忘れて、姉が貸してくれたのに車の中に落としてきた・・・。

相棒を待ち、合流。チェックインを済ませ、空港内でホットサンドの朝食。

その後、セキュリティを通過し、売店でやむなく「くまモン」のタオルハンカチを購入した。そうでもなければ、買わなかった。

JAL304は8:15の定刻より遅れ離陸。機内で爆睡。

羽田空港に着くと、8番バスに乗って国際線へ移動。JAL のカウンターでは、福岡空港でできなかったイベリア航空の座席を変更してもらい、並び席にすることができた。

国際線のセキュリティを通過し、免税店で化粧品を購入。

ロンドン行のJAL043は定刻を遅れ離陸。

機内ではカレーライスとハンバーグの昼食。到着前食は泰明軒プロデュース「エアーくまモン」太平燕(タイピーエン)を美味しくいただく。今回も「くまモン」のランチョンマットを抜いてしっかりキープ。

ロンドン上空は視界不良の悪天候のため着陸できる状態まで15分間旋回。遅れて着陸。

ヒースロー空港での乗継は案内板を見ながらスタスタと歩いたつもりが、うっかり案内板を見逃して税関まで進んでしまった。入国カードを書く必要がないのに「乗り継ぎってどう書くの。」と係員の人に聞きながら記入し、審査まで進んだ。税関職員は我々の間違いに気づき、戻れと指示した。その通りに戻っていくと、乗り継ぎの案内板が・・・あった。

とんだロスタイム。ここから、ターミナル内を移動し、免税店等がある乗継カウンターまで移動した。

せっかく、ヒースロー空港に来たのだからと、売店をくまなく散策し、ハロッズの売店を見つけた。だが、買うことなくゲート17で搭乗を待った。

19:10発のマドリード行きイベリア航空IB3167の搭乗時刻は遅れ、離陸時間も1時間くらい遅れた。これが、後の行程にハラハラを生むのであった。

イベリア航空は機内食がなく、ジェットスター航空と同じ形式の購入型。買わずにまたもや爆睡。

マドリード・バラハス空港に予定より1時間遅れて着陸。23:00前だった。荷物が出てこない。時計は23:00を回った。

ホテルのチェックインが日を跨いでしまうかもしれないことに焦りを感じた私は、なんとかホテル・アグマル★★★★に連絡をつけようと、必死でホテルにメールを打つ。ただ、この時、planeと打つところをplainと打ってしまったバカな私。2回メールを送り、やっと荷物がレーンを流れてきた。

タクシーは高いので、鉄道駅の券売機で2ユーロのチケットを買って、停まっていた電車に飛び乗った。この電車は23:27発マドリード市内北側のチャマルティン駅行き。南側のアトーチャ駅の5つ前の駅。ホテルはアトーチャ駅近く。

電車を降りた後はタクシーかと考えつつ、チャマルティン駅で降りた私たちは人の流れについて行く。隣のホームの電車がアトーチャ駅行きであることを発見し飛び乗った。乗っている人に確認して安心し、23:49の発車を待った。

アトーチャ駅に着いたのは0:00を回っていた。果たして、ホテルの予約はキャンセルされていないか。メールは見てくれたか。足早にホテルに向かう二人。深夜だったので人通りはまばら。駅から出て方面がわからなかったので、カップルを捕まえ確認。女性のほうが分かってくれ、方向が分かった。

ホテルに着いたのは0:20ころ。無事チェックインできた。7階の610号室で風呂にも入らず、ガサゴソし、爆睡する二人であった。

私が打ったメールへの返事は翌日届いた・・・。


8月12日

なかなか寝付けない私は早めに起床。6:30過ぎにシャワー。

朝食はフルーツ、パン、ドーナツ、ヨーグルト、フレッシュオレンジジュース。
画像


画像


アトーチャ駅まで徒歩で行き、券売機に挑戦するも支払いのところまで行きつかない。2つ並んである絵表示の支払いカードに持参のクレジットカードが該当しない。

仕方なく窓口に行き整理券を発券し、相棒を残して券売機に戻った。券売機に挑戦しながら、ふと、2つのカードの絵表示の遥か上の方に違う柄の絵表示があることに気づき、押してみた。すると、次の段階に進め購入ができた。

窓口に残していた相棒の元に戻り、出発口に移動した。出発口ではチケットを見せ、セキュリティにバッグを通し、待合室でゲート番号が出るのを待った。

14番に停まっている新幹線に乗り込み、いざ世界遺産、古都トレドへ。
画像

画像


30分後、終点トレドに到着。結構旅行者がいた。駅の右手に進み、旧市街を目ざした。
画像

画像


旧市街に続く石橋を渡り、スカレーターの標識を見つけた二人は、前を歩くお年寄りの後について行ったが、老夫婦は工事中に見えたところで引き返した。とりあえず確認のために進むと、エスカレーターは見えず、巨大な駐車場が見えた。その警備室の横にエスカレーターの標識を目敏く見つけ、階段をあがった。エスカレーターは駐車場のところにあり、旧市街の始まりのところまで一気に上がった。

そこから坂道を上がり、ユーロを持っていない私は銀行を探すも両替できなかった。両替所が全く見当たらない。持っているのはドルと円。
画像


そのまま、中央のカテドラルを目ざしたが、トレドの町はそれを許さなかった。迷路のような小道を上ったり下がったりしながら、太陽の位置と私の感で進む。

画像


途中、猫の親子と遭遇。うわ~、子猫がいっぱいと思ったが、子猫と思った黒猫の腹部は垂れ下がり、おっぱいの周りが丸くはげていた。子猫と思った猫は母猫だった。子猫が壁の穴の中に出たり入ったりするのが可愛かった。
画像


猫とお別れをして、小道を彷徨いながら、なんとかカテドラルにたどり着き、隣の建物でチケットを買った。オーディオガイドを受け取るのにホテルのカードが担保となった。しかし、英語のオーディオを聞くわけもなく、ただ邪魔だった。
画像


カテドラルは美しく、母子像にはピンクの衣装が着せられていた。
画像

画像

画像


カテドラルを出て、なんとなくソコド公園に戻ったが、BBVA(銀行)では両替できなかった。クレジットカードによるユーロの引き出しが一般的だったようだ。疲れた私はミントアイス3ユーロを買ってもらう。

また、カテドラルまで戻り、サント・トメ教会に向かった。小道は複雑で迷う。なんとか、サント・トメ教会に着くと内部を見学。入り口にあった油絵がとても美しかった。

昼ごろだったので、サント・トメ教会横のエル・グレコカフェで昼食。フレッシュサラダとミックスパエリア、飲み物。二人で21ユーロほど。まあまあだった。
画像


そこから、サンタ・クルス博物館を目指すが、彷徨い続けた・・・。カテドラルまで戻り、なんとかソコド公園へ。

横にあるサンタ・クルス博物館を見学。エル・グレコの作品はたくさんあった。
画像


行きのエスカレーターには戻らず、坂道を歩いて下った。

駅に着くと15:00くらい。15:27の新幹線のチケット12.70ユーロを買い、行きと同じように荷物をセキュリティに通し電車に乗った。ほぼスケジュールと同じ時間。

マドリードに着くとプラド美術館に向かった。しかし、開いていない。掲示されたものには、今夏8月は工事か何かの都合で11:00から17:00までの営業と書かれていた。そういえば、ネットでプラド美術館の現在をチェックしていなかった。詰めが甘かった。帰国前日は鑑賞できそうだったので、スケジュールを見直し、前日鑑賞予定のティッセン・ボルセミッサ美術館に移動した。

ティッセン・ボルセミッサ美術館のチケット売り場で常設展Aを見るつもりが、特設展Bのチケットを買ってしまった。チケットもぎりの学芸員にチケットが違うと言われ、窓口で変更してもらうように促された。窓口の戻り、間違っていたことを告げ、A+Bの17ユーロのチケットに変更してもらった。先ほどのチケットはキャンセルされ、クレジットカードに返金された。

学芸員は「特設展ポップアートのほうを見るには、少なくても18:00までに常設展を出てくるように」と言い、チケットをもぎった。常設展では疲れがピークでたくさんの作品を流れ作業のように見る私。1時間余りで見終わり、疲れ果てた。
画像


特設展のほうに移動し、鑑賞。これが思ったより興奮。一昨年までよく見ていたポップアートの作品がいろいろあったからだ。写真も撮りまくり。本当はいけないだろうが、学芸員も見て見ぬふり。
画像


館内カフェで休憩。疲れ果てる二人を飲み物が癒す。でも、癒しきれない疲れが溜まっていた。
歩いて、駅近のソフィア王妃芸術センターの開館日をチェックし、通常通りということを確認できてホッとする。ちなみに、火曜日のこの日は休館日。

アトーチャ駅周辺の気温38℃は35℃くらいになっていたが、ヘロヘロの私。
画像


途中、突風が吹いて、ゴミが舞い上がった。ゴミまみれになった二人はトボトボとホテルに向かった。ホテルの看板がやけに遠く感じた。18:00過ぎていたが、食欲はない。

部屋に入ると、倒れこむ私。エアコンを26℃に設定し、クールダウン。しばらくダウン。そして、なんと室温が26℃くらいになって、体が冷やされると、いつもの私が復活。暑さにやられていたのだった。

こうなると、状況は変わる。夕飯を食べていないと飢えに苦しむことがみえていたので、ホテル近くのジモティな店を探した。

ホテルから50mも離れていないところにカフェを見つけ、現地の人がオープンテラスで寛いでいたので、室内に入ってみた。暗い室内は、高級さのかけらも今時さもなく、歴史あるジモティ仕様。大丈夫か。

みんな飲み物かポテチくらいしか口にしていない。マダムにメニューがないかどうか聞き、メニュー表を持ってきてもらった。サンドイッチは4ユーロくらい、一品料理は8ユーロくらい。相棒は玉子入りのサンドイッチを、私はイカのフライと3つのクリームコロッケを注文。

料理を待っている間に、カフェ内のスクリーンにプロジェクターで映し出されたサッカーを観戦。レアルマドリードVSセビーリャ。段々、ジモティ男が増え始め、サッカーにくぎ付け。

料理がやってきて、質素な見栄えのサンドイッチ。パンの一か所を丸くくりぬき、そこから挟んだ目玉焼きの目玉が見えていた。

その後に来た私の料理に仰天。大量の巨大イカリングと小さなコロッケ。皿がでかいので、写真では少なく見える。幸い,トマトがふんだんに添えられていた。イカリングは不味くないが油ギッシュ。クリームコロッケは味濃い。
画像


食べても減らないイカリング。同じようになかなか進展のないサッカーの試合。やっとレアルが1点を入れたときは若干のリアクションがあった。

その後、追加点はなく試合終了。男たちは去って行った。でも、イカリングは去らなかった。ギブアップをした私は支払いを済ませ、ホテルに戻った。

ベッドの上でタブレットに日記を打ちまくる。1日目で終了した・・・。でも、気温が下がって、ご機嫌な私であった。シャワーを浴びて、髪が乾く間もなく就寝。0:00くらいだったかな。


8月13日

6:00前に目が覚めるも、相棒が寝ているのでゴロゴロ。

7:00に起床。着替えて、ガサゴソしていたら、あっという間に7:30を過ぎた。

この日はグラナダに移動するので、8:30までには駅に行きたかった。行動を急ぎながらも、朝食。食べる気がしない。スイカとパイナップル、パン4種、牛乳、カプチーノ。
画像


8:10には部屋に戻り荷物を持って降りた。チェックアウトを済ませ、徒歩で駅まで。

8:30には到着し、昼食のサンドイッチとポテチを買い、セキュリティを通過して、15番ホームから新幹線横の小さな電車ALTARIAに乗った。
画像


小さいと言っても日本の特急よりやや大きい。車両にはバルがあり、移動販売もあった。車掌はイヤフォンを配る。ラジオを聴きながら、タブレットの日記を書いた。4時間半は長い。体力の無い二人には丁度良い移動。

グラナダに着くと、駅から少し歩いたところのバス停で1.20ユーロチケットを券売機で買い、バスに乗る。
画像


ところが、降りる予定の場所を通り越し、次のバス停でやむなく降りた。坂道を戻りながら、アパート・メディナ・レイエス・カトリコスがあるところまで辿りついた。

アパート下の土産物屋さんにアパートのことを聞いたら「知らない」と言われ、勇気を出して予約確認書に書いてあった電話番号に電話をかけた。1回目は切れてしまったが、2回目に相手が出た。彼女は分かりやすい英語で応答してくれ、10分後にはアパートのところに来ると言った。

ブロンズヘアの若い女性が現れ、チェックインをしてくれた。入り口のカギと部屋の鍵をくれ、部屋に案内し、トイレットペーパーがなくなったら、ここはホテルじゃないから買いなさいと言われた。
画像

画像


部屋は3階で、5階に洗濯機と屋上テラスがあった。さっそく、洗濯機で洗濯を試みる。使い方が不明。それでも、服を入れ、置いてあった洗剤を投入。念のため、私は残って観察。

1時間45分って長くない?途中でダイヤルの位置がおかしいかもと思い、45‘の表示に切り替えた。それが正解。洗濯時間が大幅に短くなり、17:00ころには完了。
画像


相棒が部屋からハンガーを持ってきてくれたが、かけるところがテラスの柵しかない。干せる分干して、部屋に戻り寛ぐ。

寝室にベッドが一つしかなかったため、リビングのソファベッドをベッドに組み立てシーツをセットした。
画像


その後、テラスを見に行くと、物干しが洗濯機の横に置いてあった。急いで部屋に戻って、乾きにくい衣類をテラスに持っていき、物干しに干した。炎天下でバリバリに乾くだろうと。

一度、アルハンブラ宮殿のチケットを交換し、入り口を見ておく必要があったので、徒歩で坂道を登って行った。これがかなりハード。ヘロヘロの二人。夜はバスで来ようと心に誓う。
画像


なんとか、チケット売り場に到着し、ネットで購入済の夜のチケットと翌日のチケットを受け取った。夜の入場口を確認して、売店でお土産を購入。来た道の隣の道を歩いて戻った。アパートの下の売店で切手0.90ユーロとはがき0.15ユーロを購入。

部屋に戻る前にテラスに行くと、衣類はほぼ乾いていた。それらを取り込んで、部屋に戻った。

夕食は決めていたところに行こうとアルバイシン地区の方に歩いていったが開いていなかったため、ガイドブックに載っていた近くの「カスバ」というお店に入った。アラブな雰囲気満点の店内は暗かったが、テーブルの蝋燭に火をつけてくれなかった。
画像

画像


ガスパチョとチキンカレー、コーラ、コーヒーがセットで9.50ユーロ。お得。ガスパチョはキュウリとトマトの風味満点で食欲がわかなかった。カレーは美味しかった。
画像

画像


店を後にし、ホテル近くの広場からアルハンブラ宮殿に向かうバス乗り場に向かった。アルハンブラバス1.20ユーロはアルハンブラ宮殿に着くまでに時間がかかった。

夜のナスル宮殿見学は裁きの門から入場し、テラス前に並ぶ。夕映えが美しく、徐々に日は落ちていった。
画像

画像


22:00にナスル宮殿に入場。宮殿内の幾何学文様の彫刻やタイルが素晴らしく、大変感動した。あちこちに噴水があり、建設者の裕福さが感じられた。夜と白い宮殿は対照的で、昼間とは全然違うに違いないと思った。
画像

画像

画像


23:00裁きの門から外に出て、乗ってきたバスが来るのを待ち乗車。ホテル近くで下車し、部屋に入った。
寝る前に買ってきたハガキに切手を貼る作業。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年10月13日 21:50
今回もいきなりハンカチを落として,どうなるんだろうと心配で始まりました。ぼくはスペインに行ったことがありません。鉄道もセキュリティーチェックがあるのですか?爆破事件とかありましたもんね。アルハンブラ宮殿,美しいですね。行ってみたいです。飛騨二号はお顔が黒いの?
現実逃避な旅人
2016年10月13日 22:10
たろにゃんさんへ

ええ、よくハンカチをどっかにやるんですよ。それがどこなのか分からないんです(^^;)

スペインの鉄道はセキュリティがありますから、泥棒は入れないと思ってていいです。安心できます。しかも、結構きれいな方だと思います。

アルハンブラ宮殿はいいですね。中途半端に見ちゃったので、また行きたいです。その時は、やはり同じアパートに泊まりますね。安くはないですけど。

飛騨人形は色違いでもらっていて、ブラックボボちゃんです
2016年11月12日 06:01
まず、スケジュールを見てオー!です(笑)
深夜に動くよ~って(笑)
スペインやのに大丈夫なんやろかって思いつつ。。。
きっと大丈夫なんやろうって納得する(笑)

私も忘れたり落としたりするけど。。。
現実逃避な旅人さんは毎回のようにある気がするんですけど。。。(笑)
ハンカチなら問題ないですけどね

初っぱなから飛行機の遅れでハラハラです
メールの返事が翌日に来たのには爆笑です
現実逃避な旅人
2016年11月12日 16:41
とまるさんへ

そうなんですよ、飛行機がそうしか取れなかったんです。結局、ホテルは何の問題もなかったんで良かったです。ホテル側としたら、部屋を取りあえず空けておいて、私たちが現れなかったらノーショーでお金を請求するだけですから、損はないですよね。

スペインの治安はなんでか、良かった気がします。ロマを見なかったような。初めて行った時は運よく警官が3倍くらいの年で安全でした。
治安対策は、如何にスタスタ歩くかです。隙を見せないが大事ですね

ハンカチ落とし・・・そんな遊びがありますよね。なぜか落とすんですよ、置いてくるんですよ
2016年11月15日 23:50
現実逃避な旅人さんが食べてないって思ったら暑さにやられてたんですね
イカリングとコロッケって油ものばっかり(笑)
5本も食べれば十分でしょう(笑)

ねこちゃん達が可愛い♪

迷ってもスケジュールの予定通りっていうのがすごいです
読んでるだけでハードやぁって思った(笑)

グラナダのアパートも良いですね
洗濯機も使いこなしてますね
経験でしょうかね
私は2泊するときは手洗いしてタオルドライして干してます

夜のアルハンブラきれいですね♪
すっごい素敵です
現実逃避な旅人
2016年11月16日 07:06
とまるさんへ

暑さには弱いんですよ、デブだから(*´з`)
流石にあのイカリングは完食無理です。多すぎます。サイズも出会いんです。

穴ぼこの黒猫2匹がなんともまあ可愛かったんで、壁ごと持って帰りたかったですね。

今回の旅はスケジュールが組んでいないところがあるんです。ゆとりはありましたよ。

グラナダのアパートも良かったです。快適です。アイスクリームが食べたければ真下にお店があります。
ホテルに泊まるときは手洗いして、タオルドライしてます。

夜に来るべきですよね、アルハンブラは(*^-^*)

この記事へのトラックバック