2008エマージェンシーな仏小旅行2

12月28日

5:00シャワーを浴び、5:30にはホテルを後にして、CDGVALに乗って駅へ。

再びTGVカウンターへ行き、予約しようと思っていた①リヨン→アヴィニョン、②アヴィニョン→パリのチケットについて切り出すと、「レイルパスは使えない」と言われた。

リヨンからアヴィニョンについては満席。しかし、この区間はTerもあるとのことで、そのチケットを購入。そしたら「パスを出しなさい」だって。でもこの区間にのみ使うと損をするから、使わないことにして全部クレジットで買った。Ter29euro、TGV97.90euro。

ここまでの流れに2人のテンションはもちろん下がるところまで下がった。相棒にすまないと心から思った。昨日のホテル代も不泊まりで無駄になったし。

でも、幸いなことに、旅行は続けられる。気を取り直して、出発時間も迫ったG乗り場へ。

6:54発TGVはすぐに満席になった。通路を挟んで斜め向かいに座り、荷物も直ぐ近くに置けた。走り始めて、私は食堂車へ。プティ・ディジュネ・セットを2人前買い、自席に運ぶ。内容はフランスパン1個に菓子パンかクロワッサン1個、チョコ1個、飲み物で6.40euro。食べているのは2人だけ。でも強気で美味しくいただく。美味しかったし、何となくホッとした。
画像

9:01リヨンパールデュー駅に着くと、コインロッカーを探す。一応Webで調べておいたのであるはず。ロッカーには荷物をエックス線に通して、金属探知機をくぐってたどり着く。8.50euroの一番大きいロッカーに2人分を入れた。私の荷物が小さいので難なく入る。
画像

画像

メトロに乗って世界遺産の旧市街に移動する。ビューリヨン駅に着くとそのまま外に出ずにフニクラーレ乗り場に行って乗る。着いた先はノートルダム・ド・フルヴィエールバジリカ聖堂の真ん前。
画像

画像


聖堂の中は日曜礼拝中。流石に撮影は避ける。30分後には終わると言うことだったが、下階の方を見学することを勧められる。エレベーターで行ってみると立派な教会がもう1つあった。そこにはキリスト誕生の飾りがあった。それぞれの人形が大きく立派であった。
画像

画像

画像

画像

見終わって、外に出てみる。そこからはリヨンの町が一望できるテラスがあった。朝霧に霞む町が良く見えた。
画像

もう1度聖堂の中に入り、内部を見られる範囲で見る。壁面の装飾が素晴らしく、輝いている。厳かなミサは続いていた。
画像

画像

画像

画像

聖堂隣の店にはリヨンらしくサンテグジュペリの「星の王子様」のグッズがあった。12本入りの筒缶に入った色鉛筆9.20euroを姪のために購入。七宝焼きで作られた猫がモチーフとなったフォトフレーム15.90euroを白猫、黒猫色違いで購入。
画像

横の坂道を下ってローマ劇場をめざす。ローマ劇場はまだ霜が降りたまま。意外ときちんと残っていた。
画像

画像

画像

画像

そこから次はサン・ジャン大司教教会。ここへは急な長~い階段を下って建物の隙間を縫って行く。凄い。
画像

画像

画像

サン・ジャン大司教教会も日曜礼拝中。ここの凄いところはでっかい本を開いた形のディスプレーが中にあったこと。
画像

画像

画像

画像

画像

見学が終わってメトロに向かうと近くにフルーツ屋があったので、ミカン2個とリンゴ2個、ミニヨーグルトを買う。メトロでリヨンパールデュー駅に戻って、荷物をピックアップし、昼ご飯にポールのホットドックに溶けるチーズをかけて焼いたものとマカロンを買た。

12:25の電車は20分くらい遅れてきた。その間立ったまま、パンにかぶりつく。美味しい。マスタードと溶けたチーズが美味しい。13:00だというのに日は傾いて見える。
画像

画像

久々のコンパートメント。私の荷物は棚に上げた。窓側席に向かい合って座り、その間に相棒のスーツケースが鎮座した。

14:47アヴィニョンに着くと、初1つ星ホテルをめざした。

スプランディ・ホテルは中央通りを歩いて直ぐの路地にあった。スタッフの対応はソフト。1泊分のデポジットをクレジットで取っている。部屋は318で細長部屋だった。窓辺はなぜか若干下がっている。この窓辺外にヨーグルトを置いて冷やした。
画像

荷物をザッとまとめて、外に飛び出す。日が沈む前にポン・デュ・ガールをめざすのだ。駅に行けばタクシーがあるので、行き先を告げて乗る15:50くらい。

16:20くらいにポン・デュ・ガールに到着、運転手セバスチャンに1時間待ってもらうことにした。強面のサングラスを外すとかわいい人だ。

駐車場から左に行くとポン・デュ・ガール見えてきた。これがポン・デュ・ガールかと興奮する。三脚はこのために持ってきた。上から見るポイントより渡りきって見るポイントがよく写真に納まる。夕日はこの間に沈んだ。
画像

画像

画像

画像

夕映えのポン・デュ・ガールは素敵。この時間と早朝が一番美しく見えると思う。
画像

ショップは1カ所開いていた。お土産を買って約束の1時間に。再びタクシーに乗ってアヴィニョンへ向かう。18:00前には着いてしまった。飛ばしたねえセバスチャン。多いと思ったが、チップをはずむ。大喜びのセバスチャン。

駅前のイルミネーションに電気が着き、青いイルミネーションがとっても素敵。更に通りを教皇庁に向かうともっときれいになっていく。
画像

画像

画像

着いた先はクリスマスマーケット。日曜の夜だったから、遅くまで賑わっているようだった。色とりどりできれい。店を1軒1軒覗く。サントン人形も売ってある。高いなあ。メリーゴーラウンドも回っていた。
画像

画像

その前に市庁舎があり、中にはサントン人形の大きなジオラマがあった。感動。
画像

お腹もすいたので、クリスマスマーケット前のパレ・ド・パップ・ホテルのレストランに入ろうとするも時間が早いと断られる。

時間まで、教皇庁の建物を見たり、サンベネゼ橋を見たりして過ごす。路地・路地・路地って感じの町。寒いなあ。
画像

画像

画像

画像

時間が来たので、レストランに入った。入り口直ぐにサンタが乗った席があり、そこに決める。隣にはツリー。
画像

プロヴァンスメニュー25euroを頼む。

茄子のアヴィニョン風トマトソースかけの前菜。これは日本人に合うと思う。
画像

主菜はアヴィニョン風ビーフシチューライス添え。2カップのライスが添えられこれも米が食べたい人向け。若干肉に筋があり、かみ切れなかった。
画像

デザートは洋なしのコンポートにチョコ、クッキー、ムース。甘かった。

お腹は満腹。2回ほど停電したが、すぐ復旧した。店は繁盛していた。帰り道は凄く寒かった。
画像

ホテルでは少しだけ荷物を整理して直ぐ寝る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年12月18日 00:47
自分たちの責任でもないのに
いろいろ損をして,納得いきませんね。
なのに,旅はできるって,何と潔いことでしょう。
ローマ劇場も水道橋も良く残っていますね。教科書に載ってるような現地に行くのは感動するだろうな。教皇庁は荘厳と言うか,厳めしいというか,寄せ付けないようなオーラを感じます。
現実逃避な旅人
2016年12月18日 11:28
たろにゃんさんへ

はい、でも、全てが遅延のためとは言い難いんです。TGV(新幹線)のレイルパス分の座席は最初から埋まっていた可能性のあるので、本当は私の計算ミスでしょうか。

いつまでもくよくよしていたってしょうがないですよね。折角なんだから、楽しまないと。

教皇庁なんて、高校の世界史で習って以来の響きでした。そういうのって本当にうれしいです。
2017年05月26日 14:36
あんまり寝れてないでしょうに。。。活動的
痛い出費ですけどクヨクヨしてもどうにもならないですもんね
気を取り直して旅を続けなきゃ楽しめないですもんね

ノートルダム。。。聖堂(名前が長すぎて。。。 ^^:)
地下も凄いですね
とっても美しくて、ひゃぁ~って思いました

ローマ劇場やサン・ジャン大司教教会、ポン・デ・ガールも良い感じですね

駅前のイルミネーションは
ルミナリエみたい。。。って行ったことないけど(笑)
クリスマスマーケット楽しそう

チーズのパンもなすびの料理も美味しそう♡
私には、やっぱりレストランの食事は向いてないんかなぁ
ワンプレートでいい
デザートは食べれると思うけど。。。(笑)

ホテルに帰ったら、明日のためにも寝なくちゃねぇ
現実逃避な旅人
2017年05月26日 19:47
とまるさんへ

くよくよしてもね、何の保証もないですもんね。切り替えました!

もう少し、リヨンの町を楽しめばよかったです。しかしながら、キュウキュウなスケジュールですので、とまるさんのようにリベンジするべき町が出現してしまいました。

ポン・デュ・ガールも素敵でしたが、タクシー代が高すぎました。スケジュールをうまく組めば安く行けたかもしれませんが、短期旅行故の経費、仕方がありませんね。

料理は美味しかったです。ナスビが一番かな~。相棒が小食なんで、なんか、自分の大食いがいけない気がしてしまうんですよね。

一つ星も悪くないですよ。

この記事へのトラックバック