2006レイルパスで行く仏旅行2

12月27日

すんなりいけばモンサンミッシェル行きの日。

朝食はアメリカン。早起きして駅に行ってレイルパスをバリデーション(有効化)して、TGVの座席指定券を入れなければと、意気込む。

7:30にモンパルナス駅に到着し、窓口に行く。予め必要分を詳しくフランス語で書いたメモを渡すと、何故か隣に行けと言われる。「あんたフランス人でしょ?!」と心の中で叫ぶ。
画像


隣の窓口では、メモを見て「ははあ~ん、OK!」の表情でテキパキとパスポートをチェックせずにチケットをバリデーションし、座席指定券もバスの分を含めて出してくれた。TGVの分が取れない場合のために4つくらい希望日を出していたが、本日分を手配してくれた。

ここで、用意したスケジュール表はプラン2に決定!チケットを手にした二人は「おお!意外と簡単」と笑みを浮かべて、駅内を散策。後1時間は待たねばならない。待合所があって寒がりの相棒には助かる。早朝だが、人は多かった。TABACで切手を購入しようとしたが、日本宛に該当する値段の切手がない。大量に出すので、余分に払うのは避けたくてここでは断念。

9:05にTGV発車。空いている。車内のお菓子自販機も使ってみる。気持ちの高揚にひたすらニヤニヤ。きっと気味悪かったことだろう。でも、寝た。
画像

画像

画像

レンヌに着くと調べてあった方向にバスを探しに行く。駅南側にすぐ見つけた。ターミナル内は人でいっぱい。乗れるかな?と心配したが、もう1台出た。バスのグレー車体には緑のモンサンミッシェルの絵があり、ワクワクする。
画像

画像

11:08発、しかし、寝た。相棒から寝顔をスクープされ恥ずかし~い。モンサンミッシェルに近づくと2回目にかかわらず、ハイテンション。
画像

画像

画像

画像

画像


13:00頃着。平日と言うこともあり、郵便局が開いているのを発見し、すぐ入る。なんと!53枚の年賀状を出すことに決定。日本から用意してきたもの数十枚と現地で買ったもの10枚。その枚数に局のおばちゃんがびっくりしていたが、0.9ユーロのモンサンミッシェルの絵が印刷された切手を出してくれた。(翌年0.85ユーロと知る)

「さあ、貼るぞお~、相棒しばし待たれい」とばかりに貼り貼り作業。(この内1枚がなぜか1ヶ月後に届く)疲れた。

一仕事?終えて、「前回食べられなかったオムレツを!」と、ラ・メール・プラールに入る。少し待っているうちにオムレツが作られる光景をガン見する。大変だぁ。
画像

画像

二組入って、次に1階の置く鏡の前に陣取る。部屋の隅には島の岩が見える。凄い。
画像

画像

出てきたのは日本語メニュー、メルシー。しかし、判ってはいたが高~い。定食で48ユーロ。泣く泣くそれを注文。だって名物でしょ?食べたいんだもん。
画像

鴨の前菜 美味しい
画像

伝統オムレツ 塩味だけなので途中で飽きた。なんか調味料が要る。ケチャップほしい。
画像

アネットのデザート 甘かった。タルト・タタン、チョコムース、クレーム・ブリュレ
画像


食後はお店のトイレへ。WCのプレートでさえモンサンミッシェル。やる~。パシャリ。
画像

画像

画像


腹ごなしに修道院へ。まだ建っていてくれたねと再会。ガイドがいないので前回の受け売りで簡単な説明をしてあげた。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

天井は木製。
画像

画像

食料等を引き上げる滑車。
画像

画像

画像


外に出ると危ぶまれている北壁をぐるりと回って、元のところへ。
画像

画像

画像

画像


メインストリートでは、塩キャラメルを買う。これが翌年流行ろうとは夢にも思わなかった。
画像

画像

画像

画像


16:45バスに乗るが、NSCFのチケットを持った人が先頭車両に乗れた。ラッキー。
画像

画像


17:50くらいだったか、レンヌに着くともう1便早い18:05TGVがあったが、換えるには時間がなかった。
画像


しかたなく予約した18:35に乗るが、車内はいっぱいで、そこで立ち席券チケットに気付いた二人は簡易席で向かい合う。やっぱり普通のシートが良い。狭かった。また寝る。
画像


20:40パリに戻った二人はホテルに戻る。
画像


相棒は疲れると食事しない。持参したおかゆのレトルトを一人食す。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年02月03日 03:20
何度も行かれるって事は、やはりモンサンミッシェルは素晴らしいところなんでしょうね
行った事が無いから一度は行きたいと思っているんですが、なかなかチャンスがありません
名物のオムレツですが、定食にっていて48ユーロですか?
かなりお高めですね(^_^;)
と言うか、強気の価格設定ですね(T_T)
ところでTGVですが、自分は赤ベースでしたが路線によって青ベースの車両だったりするんでしょうか?
それと硬くてまずいパンと、粉っぽいコーヒーが出なかったような・・・
なんせ昔の事だし、ちょいと訳ありで写真が一枚も残っていないので記憶が薄らいできてしまっています・・・
と言うか、その頃の記憶を消し去りたいので、この辺り数年間の写真や関連する品物は一切ありません
空白の期間ですねハッハッハッ・・・(T_T)
現実逃避な旅人
2016年02月03日 08:41
ゆけむりさんへ

何度も…一緒に行った相手が違うんですよ。また、初回の訪問はツアーバスでした。自力で行きたかったんです。
でも、今は道が橋に変わっているので、あと一回見に行きたいですね。

オムレツは本店ではなく支店に行けば安いです。名物ですからね。これは姉と行った日記でも書いています。

TGVですが、車体はシルバーにブルーのラインが大体です。
内装は今は赤と紫じゃないかなと思います。
赤い車体はタリスThalys(ベルギー鉄道)で主にベルギーを跨いで走っています。TGVという文字も入っていますね。これは、モンサンミッシェルには行かないです。
Barの食べ物はそれなりですよね。不味くはなかったですよ。

空白の期間ですか。そのうち、こういうときもあったなあなんて、どうでもいい話になりますよ。
2016年02月03日 09:37
ジュネーブからパリに乗ったTGVはたしか赤いラインだったような記憶があるんですが、微妙にハッキリしていません
ユーロスターは出始めの頃だったのでデビュー時の黄色ベースのカラーリングでした
1等車で座席配列は2-1、機内食のような料理がサーブされワインも楽しみました
凄く優雅な気持ちで旅した事は今でもハッキリと覚えています

なるほど同行された方が違うんですね
それと自力で行きたいって気持ち良く分かります
やはり旅人さんは相当旅が好きなんですね
自分も好きですが、自分の好きとは質が違って奥深さがありますよね
ブログを拝見していて凄く参考になりますし、こんな旅がいつかしてみたいなぁって引き込まれますよ!
欲を言うなら食べ物を鋭く別の角度からも紹介してくれたら最高なんですけどね(笑)
あとアルコール、でも飲まれないんだからこれはしょうがないですね・・・
空白の期間を引きづっている訳ではありませんし、今はもうどうでも良いんですが、せめてユーロスターをバックにした記念写真ぐらい残しておけば良かったと後悔しています(笑)

支店でのオムレツは拝見しましたが、やはり本店ってのに惹かれますね
でもちょっとお高い気がするが、優柔不断なので悩みそうです(笑)
現実逃避な旅人
2016年02月03日 13:04
ゆけむりさんへ

赤いラインはドイツのICEです。
上だけ赤く見えていたら、タリスです。
あと、オレンジ色のTGVはあるようです。
ジュネーブとパリ間だったら、タリスの可能性がありますよ。
でも、相当前なら、TGVも赤いラインだったかもですね。

食べ物の記事、なかなか適当にしか食べていない時もあるし、ゆけむりさんほどの表現力がないからですね(笑)
そして、このブログ、字数制限があるんですよ。だから料理のコメントは割愛されます。また、古い旅の記憶は飛んでますから、書けないですね。
モンサンミッシェルのオムレツにはこっそりケチャップを持参されることをお勧めします

これからもゆけむりさんの参考になるように旅を頑張ります
現実逃避な旅人
2016年02月03日 13:40
ゆけむりさんへ
見つけましたよ。ゆけむりさんが乗ったのは一般的なTGVではなく以下のものでしょう。
http://www.tgv-lyria.com/fr
ジュネーブとパリ間を走っているみたいです。
2016年02月03日 14:30
せっかくですが違いますね
古いタイプの(初期型かな?)TGVだから、シルバーの車体にもしかしたら青いラインだったのかもしれませんね
なにしろ20年も前の話なので、記憶がイマイチ曖昧なんです
2017年02月26日 23:20
モンサンミッシェルって三度目ですよね。いろんなパターンで行かれてるけど。三度目でもデジャブって言ってもいいんですよね。よほどいい感じの場所なんですね。行きたいなぁ。この前もオムレットに苦戦なさっていましたよね。これもデジャブ?
旅行のスケジュールがチケットの取れ具合で決まってくるぐらい綿密な計画だったのですね。すごい。
現実逃避な旅人
2017年02月26日 23:43
たろにゃんさんへ

一緒に行ってる人が違うんですよ。みんな行きたがるでしょ?だから、何度も行くことになるんです。今は島への道がなくなって、橋になっているから、対岸位に宿をとって、夜景と橋を楽しみたいですね。

オムレツ・・・ケチャップ要ります(爆)佐藤が入っていないんで甘さが欲しいんですよね。

計画は入念です。思いつきは余り有りませんね。しょうがなく変更はありますが
2017年12月17日 01:07
モンサンミッシェルいいですねぇ
みんな行きたい。。。私も行きたい
対岸のホテルに泊まってみたいなぁ~

いつか、行かれるときに相棒がいなかったら誘ってみてください
お供します(笑)



現実逃避な旅人
2017年12月17日 17:37
とまるさんへ

私も対岸に泊まりたいんです。そこから見るモンサンミッシェルを撮りたいですね。もちろん、島内に泊まってもいいんですけどね。

え?音もしてくれるんですか?scheduleきっちりですけどいいですか?(爆)
2017年12月18日 13:02
ホテルとか二人の方が特ですもんね
レイルパスもかな?(ドイツは特です)
もちろん、頑張って迷子にならないようについていきます(笑)
朝が弱いので起こしてくださいね(爆)
現実逃避な旅人
2017年12月18日 19:06
とまるさんへ

そうですよね、ヨーロッパは二人がお得!
一人は損・・・しくしく。

私は朝は強いですが(旅行中だけ)、夜は行き倒れるので、「お風呂~」と起こさず放っておいてください(爆)

あ、ただ、バクバク食べると思うので、食べ物は少しおすそ分けしますよ!(^_-)-☆
2017年12月19日 02:35
お風呂~って起こさない。。。了解です(笑)
実現する日が来たらいいなぁ~
お金貯めときます(笑)
現実逃避な旅人
2017年12月19日 18:44
とまるさんへ

はい、お金と体力を貯めておいてください。
胃袋は開けておいてください。(爆)

この記事へのトラックバック