2005一人旅の原点・仏旅行1

前記

一人で自由に旅がしたい。そう思っていたころ、誘える人がいなかった冬、数回訪れたフランスなら行けるかも…と一念発起した。
パリを起点にして一人でどこまで行けるか。毎夜「地球の歩き方」を読みふけった。
たくさんの記事から「モン・サン・ミッシェル」「シャガールのステンドグラス」この二つが浮上した。
この二つのキーワードは後に何度でも浮上することになる。

JTBのパックツアー利用。




1月4日

7:25福岡-9:00成田 JL3052

11:10成田-15:45シャルル・ド・ゴール(パリ) JL405

ホテルはサン・ラザール駅が見えるホテル。ここまで、パックの送迎がついているので、空港からホテルまで送ってもらった。チェックインは自分で。
画像



1月5日

冬の夜明けは遅い。朝食後、歩いて東駅に向かった。
画像

東駅
画像

画像

画像

8:39 Corail(特急)に乗ってランスに向かった。
画像

画像

画像


10:18 ランスの市街地
画像

一人歩きながら、テンションが尋常じゃない。楽しくってしょうがない。
画像

画像

乗りたくてしょうがない。
画像

画像

「ハウルの動く城」が上映されていた。
画像


世界遺産「ランスの大聖堂」
画像

私がデジカメを地面に置いて自撮りしようとしていたら、見かねた外国人旅行者が「撮りましょうか」と声をかけてくれた。ありがとう。
画像

ノートルダム寺院に似てる。ここは歴代国王が戴冠式を行って着た場所。
画像

このステンドグラスも素敵ね。
画像

画像

画像

画像

シャガールのステンドグラス
画像

私はシャガールのステンドグラスがとても好きだ。彼の作ったステンドグラスがフランスのみならず、スイスなどにもあることを知り、そこにも行きたいと思った。
画像

画像

画像

画像

見逃してはいけないのがこれ。
画像

微笑みの天使
画像


ランスのはシャンパンでも有名。でも、飲めないので、シャンパンのデザインのキーホルダーを買ってご機嫌。

昼食はマドレーヌとリンゴ。

12:28ランス駅からパリ東駅に戻った。
画像


画像

画像


パリに着いてから、モンマルトルの丘を訪ねた。
画像

フニクラーレで寺院のところまで上がった。
画像

この時、サクレ・クール寺院は心無い誰かによって建物の一部にピンクのペンキがかけられていた。
画像

丘からの展望
画像

塔に登った。
画像

無数の落書きが出迎えた。
画像

ノートルダム寺院
画像

モンパルナスタワー
画像

モンパルナスタワーとエッフェル塔
画像

画像


地下鉄に乗ってオペラ座まで戻り歩いた。

バンドーム広場
画像

地下鉄からルーヴル美術館に通じる入り口。
画像

ハムラビ法典「目には目を、歯には歯を。」
画像

ちょうど、ルーヴル美術館の一角で学生たちが写生をしていた。日本もこういう風に美術館で出来たらいいのにと思った。
画像

画像

ミロのヴィーナスは、行く年によって展示場所が異なる。
画像

不動の人気
画像

画像

画像

油絵の具の劣化に依る亀裂が良く見える。
画像

フェルメールの作品はどれも小さい。
画像


おやつはドーナツとカプチーノ。

ここでな出会い。

美術館の作品を見ていると、話しかけてくる美形な男性。ルーヴル美術館の学芸員だった。名前はJ。

フランス語は話せないので、片言の英語で話しながら、日本の美術に関する話題も上がった。

彼が9:30だとか、9:45だとかいろいろ言ってくるが、いまいちピンと来なかった私にパンフレットに時計マークと9:30(21:30)を描いて話す。どうやら、仕事が終わるのが21:00だから、21:45にどこかで落ち合って(たぶん、日本美術の)話さないか的なないようだったみたい。

この時の話は盛り上がったが、さすがに初対面の人(特にラテン系)とお茶する気になれず、用事があるからと断ったら、彼は怒って行ってしまった

う~ん、(私にとって)惜しかったのか

夕食はルーヴル地下のインターナショナルレストランで。今は、名称が変わって雰囲気も変わっている。

この時食べたのは、モロッコ料理クスクスと豆料理。
画像

ガラスのピラミッド
画像

カルーゼルの凱旋門
画像

オペラ座
画像


この日は汗をかきながらものすごい勢いで歩いて帰った。

※初の一人旅だったので、食事は日本から持参したものや店で買った軽食が多かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2017年05月27日 07:32
街のもつムード,イメージなのか,それをキャッチするカメラウーマンの腕なのか,オシャレな感じの写真がいっぱい。
意図的に金網を入れるっていうのもいいですね。
しっかり計画立てて,余裕すら感じられる一人旅原点ですね。
現実逃避な旅人
2017年05月27日 08:02
たろにゃんさんへ

心配性なんで、調べまくっていってるんですよ~|д゚)
帰られなくなったら大変ですからね。レイルヨーロッパの時刻表買ってみたり、パソコンで調べられるようになったり、豆にやっていましたね。今も行くまで、暇ヒマ調べています。

写真はその町の持つ雰囲気なんですよ。また行きたい町です。
2018年04月09日 22:43
この記事は、こちらに来はじめた時に読みました
シャガールで出てきたから(笑)

マインツのシャガールは絶対に行く予定です
こちらも行けると良いのですけどね
家ニスタさんのスペインの旅行記でシャガールの絵が出てきたじゃないですか
そこもスペインに行くなら行ってみたいです

バンドーム広場の風景が、とっても好き♡ 
シンプルで可愛くて、お洒落
現実逃避な旅人
2018年04月10日 06:22
とまるさんへ

ランスのシャガールのステンドグラスはとても素敵です。また行きたいと思うくらいです。アルザス方面もステンドグラスがとっても素敵。

バンドーム広場はこの年が一番きれいな気がしました。
クリスマスの時期っていいですよね、やっぱり。
2018年04月10日 15:41
2005年のこの旅が一人旅の原点って感慨深いですね
ちっとも初めてって感じちゃうけど(笑)

美形の男性に誘われちゃったり。。。
惜しい気もするけど、軽はずみな行動は怖いもんね

本当のクリスマスの時期には主婦なので旅は出来ないけど。。。
クリスマスマーケットツアーは行ってるから雰囲気はわかる

そっかぁ~バンドーム広場は、この時が1番綺麗やったんやね
現実逃避な旅人
2018年04月10日 20:36
2005年、私にとって大事な年になりました。この時の高揚が今だ忘れられないのかもしれません。特に、憧れの地となるとなおさら。

ジャンは美形でした。やっぱり後悔しました(爆)。お近づきになれるチャンスだったのに(爆)。そういう出会いに縁遠い私なのでありました(ワラ)。

クリスマスマーケットの時期に、私は逆に行けないです。そんなことをしたらドン引きされます。許可も下りないですねえ、きっと。

この記事へのトラックバック