2018ビザを持たない自由路家の旅3-2

7月24日午後カウナス・リトアニア


歩いて、バスステーションに戻り、早めの昼食っと。

「あ、その前に郵便局探さないと。」

バスステーションの近くには郵便局があるだろうと踏まえた私は、
バスステーション内にないことを確認して表通りに出てみた。

「ビンゴ!」

野生の感は的中した。
画像

ヴィルニュスで書き溜めたハガキを全て投函した。
切手はキノコの柄でお洒落さはないが、特産物らしい。

パン屋で名物キビナイ(肉詰めとキノコ詰め)とカスタードパン、カフェラテを頂く。
画像

画像

まあまあ美味しいな。
画像

画像

肉詰めのほうが好きかな?
画像

投函も済んでご機嫌な私♪
画像

靴屋で物色したあと、荷物を受け取り11番乗り場に並んだ。
画像

この建物の向こうに続く道の先に杉原記念館があった。
画像

画像

カウトラバスに乗り込む。30人乗り。
画像

画像

画像

バスは1時間半走り、シャウレイへ。
画像

画像

画像

画像

広大な麦畑
画像


大きなラウンダーバード(信号機のない交差点)
画像

画像

保育園だろうか?
画像

「ん?こんなところにミシュランマン???」
画像

画像

画像

画像

バスステーションはショッピングモールの横。

画像

画像

画像


歩いてホテルへ。経路は至って簡単。人通りが少ないのが難点と思われたが、怪しい人がこれっぽっちも見られない。まぁ、観光客が来そうな街ではないからね。

ホテルは閑静なところにある。

画像

部屋は2階3号室。リフトはない。
画像

画像

画像

画像

画像

画像


荷物を置いたらすぐにバスステーションへ。
画像

画像

12番乗り場から路線バスに乗り込む。
チケットはドライバーから買う。0.80EURO。
画像

ドマンタイと言っておいてので、ドライバーがまだだと教えてくれた。
乗客も次よと教えてくれた。
バス停には名前が書かれていない。
画像

私たちの他にも数名が降りた。

ドマンタイのバス停から、歩いて十字架の丘に向かった。

十字架の丘に置いていく十字架を持ってきていなかったから、
「十字架を作りましょう!競争です。どっちの十字架がいいか。」

私の提案で、十字架の出来を競って作りながら歩く。
並木道の下の木切れを拾って、柔らかい草で縛る。
これがなかなか難しい。下手をすると千切れてしまう。

「はい!できた!」
画像

さぁ、できはどっちが良い?
画像

こんなことをしているから、予定より10分ほど時間がかかっている。

クルスって書いてある。
画像

画像

右側にはインフォメーションがあって、十字架が売ってある。
画像

着くまでに30分もかかった。
画像

画像

画像

この記事へのコメント

2018年08月15日 19:10
公共交通の料金低く抑えられているみたいですね。
十字架をありあわせのもので作るっていいアイディアですね。見るだけ,移動するだけ,食べるだけっていうのはよくあるけどね。
現実逃避な旅人
2018年08月15日 20:00
たろにゃんさんへ

バルト三国の移動は非常に安いです。乗り物によってはバスが小さいので早めの購入が予定通りでいいかもしれませんね。

20分もバス停から歩くなんて、考えただけで「遠い!」って思いませんか?十字架作りはそんな気持ちを払拭させる良い暇つぶしです。

家に持っていた十字架型のペンダントとか持ってこようかと思ったんですが、如何せん私は異教徒、宗教心の厚い方に失礼ではと止めました。
でも、置きたかったんですよ、吹き飛んでもいいから。
2018年08月23日 15:18
感はバッチリですね
ミサで切手を貼った分を出したんですね

パンは、まあまあ美味しいんですね
ケーキも美味しそう

十字架の丘。。。巡礼の地なんですね
手造りの十字架良いと思います


タブレットでコメントの本文のところに棒線のピコピコ動くのが出なくなるのでコメントが出来なくなります
検索とかは出来ます
何でなんかなぁ意味不明です
今はPCでコメントしてます



現実逃避な旅人
2018年08月23日 16:05
野生の感は当たるんです、がぉおおお!
ミサの時に雨が降ってくれてよかったです。

キビナイはキノコより肉のほうが美味しいです。やっぱり伝統的なものは食べなくっちゃね。

時間があれば、十字架の丘のインフォメーションや店を見たかったです。ゆとりのない旅は窮屈ですね。

棒線のぴこぴこ?なんだそれ???
タブレットにそんなものがあるんですね?
2018年08月23日 17:51
字を打つときに画面に、ここからだよって感じでピコピコてなってるやん
現実逃避な旅人
2018年08月23日 18:03
「再起動」してもダメですか?
「復元」機能もありますよ。

この記事へのトラックバック