2018国境沿いの聖Cross(発見)

なかなかジュネーブからシャモニーまでのバスの予約ができないので、
他のルートを模索した。

その模索の最中に知った町の名前は憶えやすかった。

その名はマルティニーMartigny

検索して、チョコ屋さんRaffin(クリック)も発見していた。

ここまでが、前回のブログ。


ふと、自分が持っていた「ヨーロッパ美術館めぐり」という本を
パラパラめくったら・・・

「あれ?」


マルティニーにある美術館が載っていた。


「 ピエール・ジャナッダ財団文化センター 

スイスの美術館は6つしか載っていない。
日本人の誰も知らないような町に、スイスを代表されるかのように
美術館が載っているのである。

「気になる。」


そりゃあ~もう、気になるでしょ?

ホームページや本で見る限りでは、大して大きくない。
レトロな車が展示されているし、いろいろありそう。

GoogleEarthで見たら、近くにはローマ帝国古代闘技場もある。

セントバーナード犬博物館もあった!

駅の近くにはお城(レストラン)もあるが、この日程では閉まっている。




この町を散策すべく、チケットを検索。
スイス鉄道にID作成。
スマホにアプリインストール。
そして、今日めでたく購入。

買ったチケットは、「セイバーディパス(割引1日券)」70スイスフラン
日本円で8000円ちょっと。
普通に指定チケットを買うよりお得で、融通が利く。
これで、シャモニー近くのバレルシーヌ(仏)駅まで進む。

バレルシーヌ駅からシャモニー駅まではフランス鉄道の方でチケット購入。

画像


ということで、スイス・バーゼルからシャモニー(仏)までの往路は確定した。

ただ、復路はどうする?

当初予定していたバスでなく、鉄道で移動するならかなり時間がかかる。
お金も・・・。
バスは19ユーロでいいから。

しばらく、きっとかなり直前にバスの購入が可能になるだろうから、
しばらくは毎日ウィバスのサイトを厳重チェックだなと思う。

ちなみに、バスじゃなかったら、
フランスのローヌアルプ地域圏の都市をぐるりと経由して、
2回乗り継いでスイス・ジュネーブに入ることになる。


今回の発見や途中で発券したVeveyのチャップリン・ワールド(博物館)
意外な楽しみだったりする。


追加記事

11月6日、セーバーディパスで通せない国際路線区間(スイスーフランスの国境付近)の切符購入。
なぜか、パソコンからSWISSPASSにログインできず、ログインなしで紙媒体で予約確認書を印刷。これを窓口でチケットに交換する。

これで、ようやく往路完全決定。よほどのことがなければ。

万が一、このルートが不通になれば、セーバーディパスをそのまま活用してジュネーブ経由でシャモニーに入ることになる。

この記事へのコメント

2018年11月04日 00:03
地図で発見があったんやね♪

マルティニー礼拝堂のステンドグラスが雰囲気良さそう
セントバーナード。。。の方は見れんかった
またWi-Fiのスピードが落ちてるんかも ^^;

今から家に帰って配りもの行ってきます
ほんまに1週間はぶっ飛んで行ってるわ(笑)


現実逃避な旅人
2018年11月04日 06:58
とまるさんへ

お久しぶりです!忙しそうですね。
私も連日ブラック企業です(V)o¥o(V)

マルティニーでの滞在時間が少ないので、あれこれができなさそうですが、1日券なので乗り遅れても大丈夫ですね。
ただ、残りのフランス領分のチケットは電車していなので、乗り損ねたら無駄になっちゃいます。

マルティニー礼拝堂は見てませんね。チェックしてみようっと(*´з`)
現実逃避な旅人
2018年11月04日 07:14
とまるさんへ

Paroisse protestante du Coude du Rhône Martigny-Saxonのプロテスタント教会のほうですね?
http://coudedurhone.erev.ch/

マルティニー礼拝堂の方はモダンな作りでした。
2018年11月05日 02:42
ほんまやぁ~
チャペルの方やね

もう寝る~
おやすみなさい
現実逃避な旅人
2018年11月05日 18:30
は~い、おやすみなさ~い。
言うの遅いかな?(^^;)
2018年11月08日 21:38
攻めてますねぇ。
日本人にまず会うことが無いだろうっていう所を歩くって気持ちいいでしょうね。
お風呂好きの人は銭湯場等へ立ち寄るのでしょうね。
ご当地特産なのでしょうか。
現実逃避な旅人
2018年11月08日 22:37
たろにゃんさんへ

え?銭湯場等?
でも、意外とお風呂は好きじゃないんですよね。服を脱ぐのが面倒で(((ノェ`*)っ))タシタシ
脱いだら、がっかりなんですorz
とても戦えません。

しか~し、きっと日本人には会わないでしょうね!

この記事へのトラックバック