2000姉と行くマレーシアpack

11月23日

11:30福岡空港からMH083(マレーシア航空)に乗って、首都クアラ・ルンプールへ。

機内食1回

17:00着後、現地係員が迎えに来てホテルチェックイン。マリオット・ホテル宿泊

夕食は繁華街の並んでいるお店のところで、何とかオーダーし食べた。オーダーしているときの現地の人が親切だった。


11月24日

この日は自分たちでクアラ・ルンプール市内観光

ハードロックカフェ前
画像

昼食
画像

画像


ペトロナス・ツインタワー(入ることはできない)
画像


クアラ・ルンプール市内
画像

画像


夕食はプラネットハリウッド・カフェ。行ってみたらものすごく混んでいた。並んで入店。最後に風船をもらって超ご機嫌。あとで空気を抜いてお持ち帰り
画像



11月25日

この日は現地の知り合いが車で迎えに来て、職場訪問。
日本人学校内を案内してもらった。また、どんな感じなのかも聞いてみた。まぁ、食欲魔人の私が「へぇ」と思ったのが昼食。昼食はパン屋さんなどが外部から来るらしい。通学は全員送迎。セキュリティは万全だな。贅沢だなとも思った

日本人学校に勤める彼女は、セキュリティがばっちりのマンションに家政婦さんを付けて住んでいた。家政婦さんは勤務の契約上、雇うのが望ましいのだとか。
だから、家政婦さんが泊まる部屋もあった。

昼食はスチーム・ボート。市内のビルの中にあるレストランで。そこそこ美味しかった。もちろん、建物の中のお店なので、高級な部類だったが。

そこを後にして、バトーケイブという洞窟寺院に案内された。
画像

途中ペトロナス・ツインタワーも見た。
画像

画像

他にもお友達が着ていたので、一緒に記念撮影。
画像

バトーケイブ
画像

画像

画像

画像

なかなか迫力があった。

それから、一緒に体験してみたいこととして、ドリアン試食!

路上の屋台を見つけ、Go!
完熟した高いドリアンを勧められ、試食するも。に、臭いが!
画像

例えるなら、「夏場の台所にある三角コーナー」に残飯を数日放置して漂う臭い、というところか。
画像
 
味は甘い。けど、見た目もNGな「夏場の台所にある三角コーナー」を洗わず放置した結果、そこの部分の裏にできた怪しいヌメリのような肌色な果肉。熟しているほど、似てる・・・。
現地の人も買って食べていたが、そちらはまだ完熟ではなく、私たちの食べていたものを差し上げた「ど~ぞ」

ドリアンを食べた日の飲酒はいけないそうで、強がって飲んだ人が亡くなったという驚異のフルーツでもある。ドリアンを食べた日は飲酒をしないように。

夕食は、現地の人も良く行く屋台に案内され、いろいろなものを食べてみた。美味しかったなあ。しかも、安い。屋外のテーブルに陣取り楽しく頂いた。

満腹になり、ホテルまで送ってもらって、さよならをした。


夜ホテルに迎えが着て、空港へ。


11月26日

1:00MH0082に乗って離陸。

機内食1回

8:00福岡到着

"2000姉と行くマレーシアpack" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント