テーマ:チベット

2018蘭仏西?仏西蘭?仏蘭西?“私のせい?苦労す・・・。”7-2

12月28日昼ジュネーブ・スイス 次は赤十字・新月博物館。 なんか、怖い。今から死刑に出もなりそうな・・・。 オーディオガイド付きで館内を見学。 古いポスターだ。 館内には、非人道的行いを目の当たりにしてきた証言者たちの映像と共に、証言を聞いていくことができる。 いろいろな素材…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2018ビザを持たない自由路家の旅2-4

7月23日昼リトアニア・ヴィルニュス 少し歩いたが無事到着。 バリケードは虚しかった。 かつて、流すべきではない血を流した誰かがいた。 失われるべきではなかった人の命が失われた。 間違いだった。 愚かな殺戮。 たくさんの人に知ってほしいが、ここは私たちだけしかいなかった。 国会議事堂の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2016チベット旅行を終えて(郵送)

今日、たくさん作ったテディベアを友人に送る準備をして、家族に託した。 送り先は4か所。 送り先リストを印刷したものと、番号を上部にペン書きした紙袋4つを託していた。 私は家族Cに託したのに、家族Cが家族Bに頼んだ。 ああ、これが痛恨のミス! 家族Bが郵送を頼むときに、係の人が4つの紙袋を見て 「どれを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2016チベット旅行を終えて(悶々)

ハガキが届かない。 ラサから送ったハガキと西安から送ったハガキ。 両方とも届かない。 友達から届いたよ~という知らせもない。 中国、日本へのハガキは闇に葬り去るのか? ラサからは、ホテルスタッフに頼んでもらって、 チップも付けてハガキを渡した。 もし、闇にされたのならば、切手代を含んで8…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016チベット旅行を終えて

中国土産で買ったもの ・ポタラ宮で売ってる10枚セットの絵葉書15元(=276円)を2つ   ホテルから友人や自分に送った。 ・ラサのホテルで切手16枚80元(=1428円)   ホテルスタッフにハガキに切手を貼って投函を頼んでいるが、まだ届いていない。 ・ポタラ宮でしか買えない6色の鉛筆1ダース15元(=…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そうだ、拉薩に行こう。(歴史)

Amazonで注文したDVDが送られてきた。     「 SEVEN YEARS IN TIBET 」 135分の映画の中に、チベットで紡がれた歴史の一幕を見た。 涙が出そうだった。 私はあまり映画は見ない。 映画は良くも悪くも、心を揺さぶるから。 しかし、もう少しチベットを…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

そうだ、拉薩に行こう。(地理)

◎町の様子 ラサはブータンより標高が高いけど都会である。 ラサ(中国)の街並み from Google ティンプー(ブータン)の街並み from Google ※上の画像と同じ縮尺 建物も密集していて、グーグルで見た感じも広い。 よくぞ、こんなところに町を作ったもんだと感心させられる。 とうとう、そこまで線路を伸…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

そうだ、拉薩に行こう。(記録)

私が今まで経験した標高や耐寒を振り返ってみることにした。 標高記録 九寨溝と黄龍間の峠(中国) 4200m 2006年8月 黄龍(中国) 3600m 2006年8月 ユングフラウ駅(スイス) 3571m   2008年8月 2012年8月 ゴルナーグラード(ス…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

そうだ、拉薩に行こう。(日程)

旅行社のスケジュールは以下の通りである。  1日目  ■中国東方航空にて上海へ    中部ー上海:約2時間半 ■上海着後、入国手続き。その後、乗り継ぎ手続きへ ■国内線にて西安(咸陽空港)へ    上海ー西安:約2時間15分 …
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

そうだ、拉薩に行こう。(構想)

ブータンに行ってから、なんだか頭からブータンが離れない。 そんなに良かったのかと言われると、困ってしまうが、心残りがある感じ。 ガイドや旅人がイケメンだったしな~。 全天球カメラも見ちゃったしな~。 なんてったって、あの17歳のティックに会うことができたかもしれないのに、 その機会をものにしなかったことが悔やまれる。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

2006標高3100m*西蔵の秘宝tour3

8月17日夜 オプショナルツアーに参加。 九寨溝シェラトン・インターナショナルホテルに移動。 九寨溝喜来登国際大酒飯店民族歌舞団19:15 2列目14番席 観客も一緒に神様らしき方と一緒にステージ上をぐるぐる回る。 あまりにも軽やかな動きに、ここが標高…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

2006標高3100m*西蔵の秘宝tour2

8月17日 シロツメクサの仲間 長年の夢、九寨溝観光。胸が高鳴る。標高3100m。空気が薄い。あれ?胸が高鳴るのは薄い空気のせい? この日のために頭痛薬も準備。ツアーのおばちゃんは酸素タブレットなるものも持参していた。そのおすそ分けを頂いてありがたかった。 ホテル朝食(バイキング) 九寨溝入り口 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

2006標高3100m*西蔵の秘宝tour1

前書き 長年行きたかった場所九寨溝。世界文化遺産に登録されている。みんなが行きたい世界遺産4位以内によく入っていた。     「あの素晴らしいブルーの湖が見たい。」 しかし、場所が場所。山奥すぎる中国の山岳地。四川省アバチベット族チャン族自治州。自分は行きたいが「秘境に行こう」と誘われた人はどうだろうか?高山病にな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more